この語学に関係する資格は数え切れないほどあります

この語学に関係する資格は数え切れないほどあります。

実用英語検定というのは広く知られていますが、それだけではなく世界中の言語に関する資格、例えば中国語やイタリア語、スペイン語やドイツ語といったように世界各国の言語に関する資格が定められています。

内容としては、主にその言語での会話と読み書きに対する評価です。受験者は圧倒的に学生が多いようです。他にも、合格というラインのない「TOEIC」や「TOEFL」もあります。

これらは点数がつけられその点数を見てその人がどれだけの語学力なのかを見るためのものです。世界的に共通の評価がつけられます。ビジネスや就職時にもよく活用されることがあり、企業がラインを決めてそれ以上の語学力を持つ人を採用するといったように使われることが多いようです。

他には、通訳案内業という資格があります。これは国家資格となっています。名前から見て分かるとおり通訳をするために必要な資格です。この資格は国土交通省からの資格となります。

試験は筆記試験のみならず、2次試験、3次試験があり口頭・面接試験や人物試験、地理歴史的知識に関する試験も受けなくてはなりません。受験資格は決められていませんが、非常に難しいとされている試験で努力が必要です。自分にはどの言語が合っているのか、どこに就職したいと思っているのかを考えた上でどの資格を取得するかを決定しましょう。

語学の資格には種類として30から40種類ほどがあげられます。

お勧めとしては通訳案内士が挙げられます。これは日本を訪れた外国旅行者を通訳しながら案内するための知識があるかどうかの試験です。この資格は国家資格ですから、試験内容も難しく、高い技術を持っていることが要求されますが、取得すれば国からそれを認められますから、所得して活かすことで信用性が高まります。

またTOEICテストやTOEICスピーキング、TOEICBridgeや実用英語技能検定もお勧めです。
TOEICは高校や大学への進学の時に優遇される資格です。進学を希望するのであれば取得を
しておくと大変便利なものです。国内ではおおよそ半数の学校が優遇精度を導入し実施しています。またネットで検索をすれば、どの学校がどれだけ優遇をしてくれるのかを知ることができます。

結果はスコアー評価として出されるので、どのようなところが優れているのかわかるようになっています。
実用英語技能検定は別名英検と呼ばれている試験です。試験の段階としては中学校初級から大学の
上級までの範囲として7段階あり、自分の持つ英語能力に合わせて試験を受けることができます。

また趣味の延長として考えるのであればハングル能力検定やロシア語能力検定など、英語以外の語学の資格について受験をして資格を取ることもお勧めです。英語は第二外国語として必要不可欠ですが、韓国語やイタリア語などは実用でいる場が少なくまた希少なので、入試や就職活動には大変有利に働くことがあります。また受験する人の数も少ないので試験を受けやすいということも長所にあげられます。

資格を取るためにひたすら勉強をしますから、取得したときにはしっかりとした実感があります。また海外へ旅行や仕事で出かけたときは通訳なしで行動できますから、取得しておくと便利です。また海外進出を仕事で希望されている方にもビジネスにも役立つので、おすすめです。

日本語以外に外国語を話せるようになりたいと思っている人はたくさんいますよね。

スマートフォンの語学アプリや、テレビで放送している語学講座などで日常会話や挨拶などの表現を覚えることができますが、もっと本格的なことを学んだり、自分の能力を向上されるなら、通信講座や通学講座で学ぶ方が確実です。

観光業や接客業に従事している人が身につけておきたい言語は、英語や中国語に韓国語辺りではないでしょうか。日本にもたくさんの外国人観光客が来日します。

彼らが不便をしないように、より適切なサービスを提供することができるように語学のレッスンを受ける人が増えています。

特に距離の近いアジア方面からの観光客が多いので、韓国語や中国語が話せることはそれだけで武器になるでしょう。他にも学ぶべき言語は多いように見えますが、世界共通語である英語をマスターしておけばいいですね。

自分の英語を聞いた相手がちゃんと理解できるように、ちゃんと英会話のスキルを磨くことができる講座がおすすめです。社会人でも時間に左右されずに生の英語を聞きながらスキルアップを図れます。

講師は非英語圏でもトップクラスの英語力を持つフィリピン人を採用しているところが多いですね。スマートフォンやタブレットでも授業を受けられますし、月額を低価格に抑えた講座もあるのでおすすめです。

中国語や韓国語も全国に専門のスクールがありますよね。初級向けのクラスから上級者向けのクラスまで、自分のレベルにあったクラスに入って学べます。仕事に役立てたい、語学のスキルを武器に活かしたいという人は通訳や翻訳家養成講座があります。

逆に来日する労働者やその子供達、留学生などを対象に日本語を教えるための講座も人気が高いです。日本語教師の養成講座を開設しているスクールは、通学でも通信でも充実しています。来日した外国人に日本語を教えるだけではなく、自分が海外に飛び出して活躍する道も拓かれますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク