どのように福祉資格を取得すれば良いか

日本も日に日に高齢化が進んでいき、福祉関係の資格の需要はどんどんと高まってきています。

この福祉関連の資格ですが、実は試験を受ける必要のないものも存在しています。
ある定められた条件を満たしさえしていれば取得できるものがあるのです。

この福祉関連の資格はたいてい実習を受ける必要があるものばかりです。

一例を挙げると、最近特に需要が高まっているホームヘルパー2級の資格があります。
この資格の場合は、研修の時間が130時間必要となります。
また、それだけでなく在宅サービス提供現場見学や介護実習、ホームヘルプサービス同行訪問も行わなくてはなりません。

介護関係の仕事につくにはやはり、現場を直接見て学んでいくのが一番良いのでしょう。
さらには、実務経験が要る福祉関連の資格もあります。

たとえばケアマネージャーは介護に関する計画を立てる手助けをしていく業務ですが、これは5年から10年もの実務を経なければ試験を受けることができず、その後試験に合格してはじめて取得することのできる資格です。

介護職は必要性が高まっていて、多くの人が目指す職業ではありますがその資格を取得するためにはかなりの努力も必要となるのも事実です。

近年福祉の需要が増加し、それに伴い福祉資格に注目が向けられていますが、その資格の中でもおすすめは精神保健福祉士であると考えられます。

精神保健福祉士とは1997年に国家資格として認定された職業のことで、精神障害者の方に対する相談援助など社会福祉業務に携わる人のことを指します。

主な勤務先としては精神保健福祉センターや保健所、精神科病院などが挙げられますが、近年では企業のメンタルヘルス問題や休職している人の職場復帰支援など職業リハビリテーション分野での活躍も見込まれます。

近年日本では心に傷を負い様々な精神障害を抱えることは、決して珍しいことではなくなりました。

身体障害や知的障害の方と比べて見かけで分かりづらいことから、一般の方からの理解が身体障害や知的障害に比べて今なお進んでいない現状があります。

精神保健福祉士の業務は一般の方に精神障害の方に対する理解を深めることも含まれているのです。

精神障害といっても数多くの障害があります。代表的な病状で言えば躁鬱病、統合失調症、てんかん、中毒症状などが挙げられます。

このような障害を抱えた方の社会参加の支援を行なっていくことが精神保健福祉士の主な業務と言えます。精神障害の方が地域社会で生活できるよう支援をし始めたのは最近のことであり、それ以前の日本では精神障害を抱えた方を病院へ閉じ込めるように入院させることにより対処してきました。

十分に地域にある資源を用い生活を送っていける方でも退院させることはなく、長い方では10年単位で入院させ、完全に人権を無視してきた歴史があります。

このような過ちを忘れることなく精神保健福祉士は精神科病院に入院している方はもちろん、社会資源を知らず家に引きこもりがちな精神障害を抱えた人に対してもアウトリーチしていき、障害を抱えている人もいない人も地域で同様に生活していくことを目指していきます。

福祉関係の資格を志している人に対して、精神保健福祉士の業務はやりがいもあり、近年需要が増えているためおすすめです。

福祉資格でおススメなのは介護福祉士です。

介護福祉士合格指導講座(実務者研修付きコース)というものがあります。

この資格講座は、実務者研修修了と国家試験対策がセットになったカリキュラムとなっており、約6か月で合格目指すことができ、忙しい人でも無理なくできる、効率の良さとなっています。
また、保有資格によって選べる3パターンのコースがあります。

介護職員基礎研修、ホームヘルパー1級の方は初任者研修コースで、ホームヘルパー2級の方はホームヘルパー2級コースで、資格を持っていない方は免除なしコースがあります。

実務者研修のスク―リングは会場は全国で実施されていて、6日間のスクーリング受講して実務に欠かせない知識と技術が身に付けます。

実務研修修了者専用の介護福祉士試験攻略コースがあります。

出題頻出度の高いテーマを割り出し、わかりやすくまとめた要点集をメイン教材として使います。講義動画やWEBテストといったスマートフォンやパソコンで学習することができます。

後、おすすめなのはレクリエーション介護士2級という講座があります。

介護レクリエーションとは介護の現場で高齢者向けに行われる、生きる喜びと楽しみを見出していく活動のことを言います。

レクリエーションの提案するだけでなく介護の知識やコミュニケーションスキルを活用して、安全なレクリエーションを行います。

この講座は、第4回までの添削課題と修了課題を提出し、修了課題(資格試験)で60%を取れば合格となります。受験期限内なら家で合格するまでチャレンジできます。

わからない時はいつでもメール・郵便で質問できます。

講座修了された方は、レク代行サービス『介護レクサポーター』を運営するBCC株式会社スマイル・プラスカンパニーによりレクリエーション介護士として活躍できる場を紹介することが可能となっています。

介護業界に興味ある方やすでに介護・福祉業界で働いてる方また、ボランティア活動に興味ある方などにおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク