パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。

ネットワークが急速に発達してきた近年、パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。とりわけ、情報関連の仕事や事務職においてはなくてはならない資格も多くあります。

たとえば、P検とも呼ばれているパソコン検定という資格があります。多くの場合企業側のパソコンに関するスキルをチェックする際に使われいて技術と知識を必要とする検定でパソコンに関する標準的な試験とも言えます。他には初級システムアドミニストレータという試験もあります。

一般には初級シスアドとも呼ばれています。国家資格の中では他と比べて取得しやすい資格と言われています。この資格は、情報技術に関しての知識や技術がある程度必要とされており、利用者の立場から業務の情報化を進めていくその役割を担うというものです。ですので、ネットワーク関連の知識もどうしても必要です。

初級があるということは上級もあるわけで、ビジネス的な戦略や企業に関する知識もかなり必要となり、それを土台として情報システムや業務システムを手掛けていくことになります。

これら上にあげた資格は、パソコンに関連する資格の中でもほんの一握りでしかありません。国内にまだまだ様々な資格があり、例えばMOS、MIDI、CADなど何十種類もの資格が存在しています。ですので、自分にはどんな資格が必要なのかをよく見極めていくことが大切です。

パソコン資格はとても沢山あるので、就職先や転職先の業種に合わせて資格を取得するのも一つの手です。

事務系であれば、ほとんどの職種・業種で有利なのがマイクロソフトの資格です。「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)」は、オフィス2003の資格試験で、「マイクロソフト公認アプリケーション・スペシャリスト(MCAS)」はオフィス2007の資格試験です。これらの資格は、ワードやエクセルなどのオフィスアプリのスキルを証明できる資格であり、ほぼすべての事務系の職場において有利な資格といえます。

一方、プログラマーやSEのようなエンジニア系を目指すのであれば、やはり「基本情報技術者」や「応用情報技術者」などの国家資格を持っていると有利です。「ITパスポート試験」も同じく国家試験であり、ITに関する基礎知識についての資格なので、最低限この資格は欲しいところです。「アプリケーションエンジニア」や「データベース・テクニカルエンジニア」などの上級の国家資格があれば、かなり有利に働きます。これらの国家資格は、特定の企業の製品を想定しておらず、かなり理論的な資格です。そのため、特定のベンダーの製品資格を取るということも実務的には有利です。

また、ネットワーク系のエンジニアは慢性的な人手不足であるため、シスコ系の「CCNA」やLinuxの「LPIC」などの資格を持っていると、就職や転職には非常に有利です。また「ネットワーク・テクニカルエンジニア」という上級の国家資格もあります。これらは実務的なものと論理的なものとしてお互いに補完し合う資格なので、できればどちらも持っていることが望ましいです。

さらに「C言語プログラミング能力認定試験」や「Javaプログラミング能力認定試験」などの言語系、プログラミング能力系に関する資格を持っていると、実務的なスキルをすでに持っていると見なされるので、エンジニアリング系全般の業種で有利になります。

実はパソコン資格の中には、持っているだけで資格手当がもらえるものがあると言われています。

つまり、ある種のパソコン資格を所持しているだけで、かなりのお金を稼ぐことができるというわけです。
下記に挙げられているのはいずれも国家資格であり、持っているだけで資格手当がもらえるものです。

例えば、システム監査技術者としての資格、プロジェクトマネージャー、ネットワークスペシャリスト、応用情報技術者、また基本情報技術者といった資格などです。

つまりパソコン資格で稼ぎたいと思うなら、これらの種類の資格を取得できるよう一生懸命に努力できるのです。

では、なぜこれらパソコン資格を持っているだけで資格手当をもらえると期待できるのでしょうか。その一つの理由は、会社に資格所持者が大勢いればいるほど、顧客は安心して仕事を依頼することができるようになるからです。

このように顧客の信頼を勝ち得ることができれば、会社そのものが上げる利益も当然増えると言えるでしょう。

また、高額な資格手当を受けられる人は、当然のことながら優秀な人材と言うことができます。会社側が高い資格手当をそれらの人に支給するようにすれば、その会社には自然と優秀が人材が集まってくるでしょう。

離職率も低くなり、会社は潤うことになるのです。

こうして考えてきましたように、パソコン資格を取得するよう励むことは非常に価値のあることだと言えます。その資格を持っているだけで手当の対象となるからです。

加えて、会社によっては、これら資格手当の内容が一層充実している所があると言われているのです。

例えば、資格を所持していることに対する資格手当、資格を取得するために行なわれた勉強にかかる費用に対する助成制度、さらには資格に合格した際にもらえる合格祝い金といった三種類の手当があります。

これらの手当を支給している会社を見つけるなら、所持しているパソコン資格を最大限利用して稼ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク