医療事務の資格については大きく4つの分野で考えることができます。

まず最初は、介護保険の事務職に就くための試験である、ケアクラーク技能認定試験というものがあります。内容としては、帳票類の作成・交付、介護報酬請求、関係機関やサービス事業者とのやり取りなどの事務的な仕事を行います。

この資格を取得するために一番良い方法は財団法人日本医療教育財団(財団法人)の通信講座を受けることです。他には、この財団のガイドラインに基づいた課程を専門学校で学ぶか、半年以上の介護事務職の実務経験を積んだ後しけんを受けるという方法もあります。

これには受験資格も定められており、実務を経験したことのある者、又は講座の修了者が受けられることになっています。それぞれの都道府県で試験が実施されており2月、7月、10月の3回行われています。

2つ目は、医療現場で事務職を行う者としての能力を測定する、医療秘書技能検定というものがあります。この資格は幅が広く、医学的知識も必要とされ、ほかにもレセプト作成や医療機関の組織運営についての能力が必要になります。医療秘書教育全国協議会が主催者を務めており、2004年の段階では142もの学校(短期大学、専門学校等)がこれに加盟しているようです。

時々、医療事務の求人欄を見るとこの資格を採用条件として挙げている機関を見ることがあります。この資格には4つの段階が定められており、上から3級、2級、準1級、1級となっています。

他にも3つ目として、メディカルクラーク日本医療教育財団JAD区分(公的資格)の医療事務技能審査試験というものがあり、4つ目としては日本医療保険事務協会JAD区分(公的資格)の診療報酬請求事務能力認定試験というものもある。

たのまなでは、医療にまつわる講座のラインナップが豊富です。このうちから女性に人気の医療事務は、DVD・eラーニングやコンピュータなどで学ぶことが出来ます。また、診療報酬請求事務能力の試験に合格するための商品も人気です。たのまなの医療事務講座は、テキストが3冊と分かりやすくなっています。このうちからメインの教材は、必要なことだけを集結していますので、初心者さんでも確実に知識や技能を身に付けることが出来ます。

たのまなのeラーニングコースは、たった5分のショートムービーという通勤や日常生活の隙間時間で効率が良い学習のスタイルです。

この講義は、スマートフォンで聞くだけで学習が出来る音声データDLが使えます。医療事務の資格講座を受講している期間は、システムや電話、メールなどから質問をすることが可能です。このようにeラーニングを活用することによって、教材よりスピーディーに必要な知識が身に付けることが出来ます。

上記でご紹介するたのまなの医療事務講座の受講料は、DVD+eラーニングが53,000円、eラーニング50,000円、DVDが47,000円です。標準の学習期間は6ヶ月、在籍期間は12ヶ月で添削回数は6回、eラーニングの市長期間は24ヶ月となっています。そんなたのまなの資格講座で気になる口コミや評判は、次の通りです。

・医療事務講座を比較してみて、合格保証が付いていたので学習をはじめました。まったくの初心者なので診療報酬に手こずっていますが、頑張ってみることにします。

・学習の標準期間よりスピーディーに資格講座に受かりました。実際に教材も大きめの文字で分かりやすかったです。受講してから合格をすると、就職をサポートしてくれます。

このように、たのまなの口コミを参考にしてみると、イメージしていた以上に評判が良いです。こちらから医療事務の試験に合格をすると、医療保険士という資格がいただけますのでぜひチャレンジしてみてください。

医療事務の資格取得をして医療機関で働きたいという時に気になるのは、

どのような雇用形態で、どの程度のお給料をもらえるのか、またその他の待遇などについてですが、その点についてみていきたいと思います。

まず医療事務で働いている人たちの平均年収となる目安として、180万円~350万円、資格を取得してすぐの初任給は月給10万円~20万円台となっています。

収入金額にはかなりの開きがあるように感じますがその理由として、雇用形態が大きくかかわってきます。正社員なのか派遣社員なのか、アルバイトなのかにより支給金額が変わってくるからです。また役職や立場によっても違ってきますが、主任クラスでは17万円~、部長クラスとなると30万円~のように立場や経験、役職によってその金額に差が生じてきます。

さらに、こうした雇用形態だけでなく働く医療機関の規定によってはボーナスや賞与、残業代が出るところもあります。

求人情報を見るとおおむね4か月分の賞与を記載しているところが多く見られます。

ようやく資格取得ができ医療事務の現場で働くことになった場合の待遇はさまざまではありますが、出勤日や勤務体系を事前にチェックしておく必要があります。

シフト制のところや、病院の休日に合わせた日程のところ、年間休日数や産休、育休など病院によって違ってくるためです。

有給休暇などが充実しているのは一般的には総合病院のような大きな医療機関の方といえます。また、健康保険、雇用保険などの保障は基本的にどの病院であってもフルタイムの場合は法律にのっとって付与されます。

医療事務の資格取得を活かして稼ぐためにはこうした点に注意して、自分に合った勤務先を見つけることが大切になります。

現在、医療事務の人材はとても必要とされているためさまざまな求人を目にすることができます。

医療事務では医療機関の事務全般を取り扱う非常にやりがいのある仕事ですからぜひとも資格取得を目指し、また資格取得している方は医療事務の仕事で生きがいを見つけてみるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク