国家資格を取ればいいのか?

「資格を取りたい」と思うことは非常に素晴らしいことです。
この資格を取得するにあたってまず考えるべきなのは、取得可能などんな資格があるのかということです。

資格の中には、公的資格、民間資格、国家資格というものがあります。
自分が取りたいと思う資格はこの3つのうちのどれに当たるのか調べてみましょう。

就職に役立てるつもりなのであれば、実は民間資格はあまり意味をなさないこともあるようです。
国家資格にはどんなものがあるのかというと、ほとんどの人が持っている自動車免許や高卒資格、大学卒業資格もそれにあたります。専門学校については政府の認可を受けているかどうかによって変わってきます。

国家資格のほとんどは試験を受け合格しなければなりません。しかし中には技能講習もしくは特別講習を受けることによって取得できるものもあります。(機械の操縦・操作に関するものが主)

試験の回数や時期、難しさ等はそれぞれの資格で変わってきます。ちなみに人気のある国家資格としては簿記の資格もあります。

国家資格で企業が求める資格はありますか?

企業が求める事の多い国家資格の中でも重要なものの1つと言えるのは、実は自動車の運転免許です。

各地方で試験が行われている上に取得人数が大変多い為にそもそも国家資格と思われない事も多いのですが、取得すれば全国でその効力が発揮される立派な国家資格となります。

業務において車両を使用する場合は必須ですし、そうで無くとも通勤手段として、身分証明の1つとして有効な資格となって来ます。

応募の段階で取得しているか見込みである事がほぼ必須のケースも多く、最も求められる国家資格と言えます。

一方、他の資格については求められる内容が業種によって大きく異なると言えます。業務上必須の資格であっても入社後の取得を前提としているケースも多く、この資格が有効と絞るのは難しい面があります。

そうした中で近年求められる事の多い国家資格の1つとして挙げられるのが、ファイナンシャルプランニング技能士です。

資産運用や金融に関するアドバイスを専門的に他者へ提供する際に必要となる資格で、金融・不動産系への就職の際には必須になる事も多い資格となっています。

また金融に関しては何らかの形で殆どの企業が運営上関わる分野である事から、業務そのものに関連しない業種であっても取得者が重宝されるケースが増えており、企業からのニーズが幅広い資格であるとも言えます。

また古くから取得希望者が多く、且つ企業からのニーズも根強い資格として、日商簿記検定を挙げる事が出来ます。

企業においては、概ね2級の取得が関連知識・技能を有すると判断するボーダーラインとなっています。

その為取得していると応募可能な求人の絶対数が、増える傾向にあります。

特に経理職への転職の場合、経験者であっても資格保有を前提としているケースも多く、企業からのニーズは充分と言えます。

この他にも様々な国家資格がありますが、特に就職・転職時においては資格取得の動機等も併せて面接や書類で問われる事も多い為、単に取得していれば良いという訳でもありません。

各企業の方向性に合わせた資格取得を選択して行く事も、重要になって来ます。

国家資格を取得するために有名な講座や学校はありますか?

多くの資格試験があるなかでも国家試験を取得しておくとビジネスの幅を広げられたり、社内でのスキルアップに利用できます。

どの国家資格を取得するか決めたら、学習方法の選択が重要です。

市販のテキストを使用して独学する方法はもちろん国家資格講座や国家資格学校を利用する方法もあります。

試験の難易度や専門性にも左右されますが独学だと合格までに時間が掛かります。

その点国家資格講座や学校は試験に必要な知識を最短で教示してくれますし、過去から蓄積したノウハウを提供してくれます。

ただし、どの講座でも学校でも良いわけではなく、学校ごとに得意な分野があるので事前に確認をしましょう。

資格学校によっては総合的に講座を展開するところもありますが、取得したい国家資格から講座をウェブなどで検索し、上位に表示される学校から選択すると良いでしょう。

その際、合格者の意見や受講した方の評価が掲載されているので参考にして下さい。

もちろんそれらを鵜呑みにするのではなく、サイトや資料請求でカリキュラムを確認し最後まで続けられそうか見極めます。

合格者を多く輩出している学校でも、テキストの記載方法や講師の説明の仕方などが合わないことが多々あります。内容自体は悪くなくても相性は重要な要素なので、無料で聴講できるガイダンスを利用して講師の話し方を一度見ておきましょう。

資格学校によっては、ウェブ上の動画で視聴できるサービスを行っていることがあります。

規模が小さく一部の資格に絞って講座を行っており、宣伝広告が十分でないために知られてない学校がときどき存在します。

こうした講座の中には大手よりも優れているものがあります。

というのも大手は幅広い受講生を対象にテキストやカリキュラムを作成しますが、小規模の学校はオリジナリティある講座で、学習方法が合致すれば大手よりも能力を引き出してくれます。

無難に学習を進めたいときには大手を、少しでも楽しく学習したいときは小規模な学校を探してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク