宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。

宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。

この資格を取得するにあたり、基本的には筆記試験を受けなくてはなりません。ただし、ある決められた登録講習を受講した者は一部の筆記試験が免除されることになります。またこの宅建の資格には受験資格は定められておらず誰でも受けることができます。

この資格は、宅建業を営むにあたり必要な資格となります。この宅建業とは、簡単に言うと不動産の取引をおこなっていく仕事のことです。5人に1人この宅建の資格を持つものが必要で、さらに営業所ごとに最低でも1人はいる必要があります。

この宅建業(不動産業)では専門的な知識が必要なうえ、高額の取引が行われることになります。その中において法的にも正しい契約を行い、なおかつ消費者を守るという目的でこの資格取得者がいる必要があるわけです。

現在この有資格者は全国でおよそ80万人で、宅建業者はおよそ13万社あります。ただし有資格者のうち実際に資格を活用してその業務についている者はおよそ25万人だそうです。

一時期、特にバブル時期は非常に人気があった資格ですが、最近になってからは人気は下火になってきており、受験者も減少傾向にあるようです。しかし、この宅建の資格は取っておいて損はなく、仕事の幅も広がってくる非常に価値ある資格であることに変わりはありません。

宅建の資格取得には、専門の試験に合格する必要があります。

非常に合格率も低いことで有名ですので、しっかりと準備をして臨まなければなりません。
ただ宅建の試験には、特別な受験資格はないのが特徴です。

他の試験では大卒でなければならなかったり、成人していなければならない条件が存在します。一方で宅建の試験では誰でも受けることができるため、興味を持った年からすぐに挑戦できるのは嬉しいポイントでしょう。

事実、過去の合格者には12歳や90歳の受験者がいました。

とはいえ、宅建の資格取得のチャンスは年に1度しかありません。

何故なら試験自体が、年に1回しかないからです。

そのため1度失敗すると、再受験までもう1年待たなければなりません。

ただでさえ難しいことで知られている上に、機会も年1度というのはなかなか過酷です。

具体的なスケジュールとしては、大体毎年秋頃に試験が行われます。参考書の発売が12月頃、その後2月にその年の試験概要が発表されます。

夏になればようやく願書の配布と受付がされ、試験日の3週間前には受験票が届くといった流れです。

最近では受験申し込みをインターネットからすることもできますが、郵送に比べると受付期間が短いので注意しましょう。
受験料は7000円、試験時間は120分間です。試験終了と同時に解答速報が出され、すぐに自己採点を始めることもできます。

翌年向けの参考書はその年の合格発表が終わった直後に出されるため、仮に失敗しても落ち込んでいる暇がないのが実情です。
以上のように、宅建の資格取得には年1回の試験に合格してください。人によっては独学で全て勉強できる人もいますが、基本的には専門の講座で試験対策をした方がいいでしょう。

近年は通信教育が人気となっており、独学とセミナー授業を両立させる人が多いです。

宅建の試験は出題範囲が広く、参考書だけでもかなりの分厚さになります。

できる限り少ない挑戦で合格したい人は、通信教育の利用も考えてみてください。

宅建資格は簡単ではありません。

しかし、勉強時間を確保する子ができるなら誰でも資格取得は具体的な現実のものと出来るでしょう。

そして、宅建の資格は大変人気の資格で、それだけにとどまらず大変有用です故、多くの講座が世に存在します。

その中でもおすすめの通信講座をいくつか紹介いたします。

●資格の大原
充実した講師陣と、講義内容、そしてテキスト。
合格に必要な内容はすべて盛り込まれており、講師陣の分かり易い説明でどんどん頭に知識が整理されてきます。さすがは資格専門の予備校と言える内容です。
特にWEB上での講師の講義が大変魅力的で、これにより講義の分かり易さ、知識の定着度はNo.1と言えるのではないでしょうか。

●TAC
タックの通信講座も予備校大手の情報量から効率的、且つ充実した内容であるため合格に必要な内容はすべて盛り込まれており、「これだけやっていれば安心」という点においてはNo.1かもしれません。
他の講座に比べてテキスト内容が多く、それ故初学者にとっては負担を感じるかもしれませんが、勉強不足、という残念な原因だけは避けれる内容です。
やり込める時間があるなら大変有用でしょう。

●フォーサイト
通信講座の雄。
専門の講師がWEB上で、またはDVDなどで、自分に対して講義を行っているような臨場感を味わえます。テキストもフルカラーで大変読みやすく、そして理解しやすい構成になっています。
基本的にはテキストからのインプットの学習がメインですが、上述したWEB講義が知識の定着を助けてくれます。
価格帯も大変魅力的です。

●ユーキャン
通信教育の最大手
宅建の資格であればユーキャンの講座はお勧めできます。
基本的には初学者向けですが、宅建の資格は比較的取りやすい資格ですので、十分な内容とも言えます。
勉強の方法はテキストからのインプットと過去問のアウトプットのみなので、少し単調になりがちなことが短所ではあります。
価格は勿論魅力の一つです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク