教育関連に資格にも様々なものがあります。

教育関連に資格にも様々なものがあります。たとえば高等学校教諭免許や小学校、中学校教諭免許、幼稚園教諭免許、保育士などです。

幼稚園や小学校の教諭免許に関しては、基本的には短大や大学を卒業してから取得するのが通例ですが、ある決められた基準に達している人は資格試験を受けることができ、合格すればその資格を取ることができるようになっています。これによって、幅広いところから適任の人材を探しだすことが可能になっています。

保育士の資格に関しても、大学等の厚生労働大臣指定の養成学校を卒業していることが通例となっていますが、都道府県単位でも保育試験が行われていて、それにパスすれば資格をとることが可能になっています。現在では各都道府県での試験も統一化されており、合格率は1割ほどとなっています。ただし、この資格試験は一度合格した科目についてはその後受けなくてよくなるので、辛抱強くチャレンジしていけば資格を取ることができます。

これらの資格を取った後、すぐに働きだすことはできません。当然ですが、幼稚園や各都道府県に雇ってもらう必要があります。他にも教育関連の資格の中には、認定子育てアドバイザーや認定ベビーシッター等もあります。子供好きで責任感のある人には向いている資格、職業と言えるでしょう。

教育に関する資格と聞くと、幼稚園から高等学校まで、それぞれの教諭普通免許状を連想することが多いでしょう。教育に関係のある資格には、図書館司書や美術館などで勤務する学芸員なども含まれています。おすすめの資格は、皆さんが何を目指しているのかで変化してくるので、目的に合わせて探してみると良いでしょう。

教育資格には大卒を条件にしているものがあるので、高等学校を中退している場合は「高等学校卒業程度認定試験」に合格して大学を受験することが第一歩になります。

教育関係は何らかの形で子どもたちと接する機会があり、子どもと言っても幼児から高校生まで幅広いことを忘れないようにして下さい。

どの教育資格がおすすめか、これは最近の世の中の動きから見えてくるところがあります。労働に関する問題が報道されることが多く、何らかの理由があって再就職を試みる人も多いのが現実です。職業訓練施設で手に職を付けようとする人を指導するのが職業訓練指導員で、得意分野を持っている人に向いている資格として挙げられます。

教育に関する資格は、複数取っておくと便利です。たとえば小学校教諭普通免許状を取得した人が特別支援学校教諭の資格も持っていれば、特殊学級のある学校で働くときに活用することが可能です。

最近では発達障害を抱えている子どもへの対応が重視されているので、特別支援学校教諭の資格を持っていることで、より理解のある対応ができるかもしれません。

学校図書館司書教諭を目指してもすぐに空きがあるとは限らないので、教諭普通免許状を取って勤務していれば空きが出たときにチャンスが大きくなります。

司書教諭として勤務している場合も教諭普通免許状があれば、勤務先の先生が休職したときに声がかかる可能性が高いでしょう。

興味のある資格を取ることが一番ですが、すぐに仕事に就けるとは言いきれません。関連する資格を取っておいたり、雇用する側の立場で考えたりしてから決めると良いです。

小学生などまだ小さな子供が教育講座を利用する際にポイントになるのは、学習に向き合う姿勢という根本的な点から中学生の事を見越した学習を進めていく事ができるかといった点です。

中学受験の有無などによっても選定すべき講座に差異が生じるので中学受験の事も考慮しながら情報を集めていき、提出した課題の添削の仕方や相談時の電話によるサポート体制といった点にも目を配っていきます。

また、地方で生活している方などに多く見られるトラブルなのですが、申込みを行い毎月教材が手元に届けられるものの教科書の内容と合致しておらず、教材をしていても学校の成績に反映されないという事例は少なくないので、教科書との共通性についても忘却せずにチェックする事が大切です。

そのようなポイントを抑えつつ選ぶ中、やはり大勢の方々に選ばれるのが古くから教育講座を提供し続けている進研ゼミです。

数ある教育講座の中で雄と言っても過言ではない存在感を有している代表格であり、老舗であるからこそ学習に取り組みやすく身になりやすい構成がされています。

特に構成の基本になっているのは学校で受ける授業の予習や復習であり、各地域の学習内容を調べて地域毎に異なる問題の構成を行っているため、生活している環境により教科書の内容と共通性に乏しいという心配は無用です。

さらに、教育機関でも情報化の波が訪れている事から授業などで情報デバイスが活用される機会が増えていますが、進研ゼミでも情報デバイスを教育講座に積極的に採用しており、進研ゼミプラスという名前で契約者に対して提供しています。

進研ゼミプラスはテキストと共にタブレットを使いながら学習を進めていくという方法なのですが、タブレットに表示される内容を目にして進めていくからこそテキストにおける平面的な図面ではわかりにくい問題が理解しやすくなり、わからない問題をそのままにする事なく着実に知識として蓄える事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク