旅行業界の中でもただ一つの国家資格は旅行業務取扱主任者の資格

この資格は旅行業界の中でもただ一つの国家資格であり、旅行に関する業務全般を扱うものです。2005年以降の制度改正によって「旅行業務取扱管理者」と呼ばれるようになりました。

この資格によって旅行会社の中の営業所や支店で責任者として業務を行うことができるようになります。二つに分類することができ、国内旅行業務取扱管理者(国内旅行を扱う)と総合旅行業務取扱管理者(海外旅行も扱える)とがあります。

法的にもこの旅行業務取扱管理者が各営業所に一人ずついなければならないことになっています。その営業所、または支店に10人以上の社員がいる場合は複数必要となります。旅行代理店を開くにはどうしても必要とされる資格と言えます。

ただし、資格を持っているだけでは十分とは言えず、管理者としてきちんと選任される必要があります。毎年1回それぞれの資格試験が行われており、受験資格も定められてはいないのでいつでも試験を受けることができます。

先に国内旅行業務取扱管理者の資格を取った場合、あとで総合旅行業務取扱管理者の資格も取ろうとするときには、試験の一部が免除されることになっています。さらには、日本旅行業協会や全国旅行業協会の研修を修了していて旅行業に携わっている人も一部が免除となるようです。

現在では海外旅行者の人数も格段に増えている中でこの資格は非常に有用なものとして認識されています。ぜひ資格取得を考えてみられるのはいかがでしょうか。

旅行が好きで、好きなことを仕事にしたいと考える方は少なくありません。

旅行業界といっても、様々な職種がありますので、自分が関わりたいと考える職種に合った資格を取得する必要があります。
まず、持っていて間違いなくメリットになるのは総合旅行業務取扱責任者です。この資格は法律によって旅行業を取り扱う代理店に1人は勤務していなければならないと定められていますので、資格のある方は旅行業を取り扱い企業にとっては欲しい人材になります。新卒で旅行会社に入社が決まった方も、まずは資格を取るように会社から勧められる資格になりますが、簡単に取得できる資格ではないため、粘り強く勉強を積み重ねる必要があります。
試験も年に1回しか行われないため、時期を逃すとほぼ1年待たなければなりません。その間にも勉強を続けなければならないので、モチベーションを保つ努力は必要です。
新卒採用では旅行業界を選ばなかったけれども、転職をして再度チャレンジしたいという方は、総合旅行業務取扱責任者に合格していると間違いなく強いアピールポイントになってきます。
ツアーコンダクターとしてお客様と一緒に観光地へ行きたいという方には、旅程管理責任者という資格が必要になります。国内と海外どちらのツアーコンダクターとして活躍したいかによって国内と総合資格に分かれますので、気を付けましょう。
近年外国人観光客の急増で注目を集めているのが通訳案内士です。今後日本政府は益々外国人観光客を呼び込む政策を方針として打ち出していますので、外国人観光客の増加は益々増えていくでしょう。
日本にきた外国人の方に対して、外国語でお金をいただいて案内をするのが通訳案内士です。
外国語の能力はもちろんのこと、外国の観光客の方へ正しく日本のことを知ってもらわなければなりませんので、地理や歴史に関する知識も問われます。
外国語以外にも歴史や地理などを勉強する必要があることは知っておきましょう。

国家資格から民間資格まで、試験や検定で取得することができる資格は無数にありますよね。

学習期間はそれなりにかかりますし、受講料やテキスト代もかかるので、せっかくなら自分にとって有益だと思える資格を取りたいものです。試験に合格するまでのモチベーションを維持しながら頑張るなら、自分の興味のある分野の資格から始めてみてはいかがでしょうか。

観光業界に携わる仕事をしているからスキルアップをしたい、自分自身も旅行に興味があるからビジネスとしても興味があると思っている人におすすめなのが、旅行業務取扱管理者です。これは旅行に関する資格の中では唯一の国家資格なので、キャリアアップや就職の際のアピールにも便利です。

様々な民間資格を取得するよりも、この資格取得をしておく方がいいかもしれません。なぜなら旅行業者は各地に設置している営業所に、この資格を持っているスタッフを一人は配置しなくてはいけないというルールがあるからです。

旅行業務取扱管理者になれば顧客からの信頼度もアップするので、仕事もはかどるようになりますし、有資格者手当てがついて昇給することもできます。

一つの資格でたくさんのメリットがあることが分かりますね。

旅行業界に就職するつもりがない人も、ここで学んだことをプライベートで各地に立ち寄った時に役立てることができるので、持っておいて損はありませんよ。

資格講座を選ぶ際のポイントは、資格取得という目的を達成することができるのか、講座の内容は初心者でも分かりやすくなっているかです。受講料を無駄にしないためには、無理のない範囲で継続できるかがキーとなります。

専門用語の説明が分かりやすく、業界未経験者でも理解できるようにかみ砕いた表現になっているかどうか、試験の出題傾向を分析して学ぶべき要点に絞って学習できるかが重要です。受講料もそこまで高くなく、通信講座で生徒のフォローも万全なところならこつこつ続けられるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク