暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。

暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。特に有名な資格としては、70カ国でも実施されている世界的とも言える資格CERTIFIED INTERNET WEBMASTER (CIW)があります。

受験資格は定められておらずいつでも受験可能です。資格取得者は現在8万5千人を超えています。この資格は、細かく分類されていてビギナーから上級者まで幅広い層の人が自分のニーズに合わせた資格を取得できるようになっています。資格取得のための費用は少々高く付くようですが、この資格の必要はこれからもどんどん増していくことでしょう。

他にもi-Net+という資格があります。この資格は1999年に日本で始まったインターネット・エンジニアの実務標準資格で、現在では世界中で2万2千人を超える人がこの資格を有しています。

資格取得のための勉強としては資格スクールか通信講座が主となります。

合格率も45%と5割近い数字となっており、受験費用は高くても資格取得の確率はかなりよい資格です。他のインターネット関連の資格としても、インターネット検定ドットコムマスターやモバイル検定等様々なものがあります。

自身が有している知識を他者に伝えるために最も良い方法として挙げられるのが資格ですが、昨今の社会の情報化に伴い取得が目指せる資格の中にもインターネットなどに関する情報系が増えてきていますし、企業としても有資格者を求めておりより良い待遇を提供しています。
インターネットに関する資格は現在数多く存在していますが、その中でも目玉と言えるのが情報セキュリティマネジメント試験です。

インターネットに纏わる試験の中では比較的歴史が浅いものであり、従来から存在しているITパスポート試験を上回るものと新設されました。

実はインターネットに関する試験は民間が多いのですが、情報セキュリティマネジメント試験においては国家資格という形で新設されたのも注目のポイントです。

また、セキュリティに纏わる試験と言えば既にCSという情報セキュリティスペシャリスト試験が存在しているのですが、CSは高い技術と知識を有している方向けの試験なので難易度が高く、初心者がインターネットセキュリティに纏わる資格の取得を目指そうとしてもハードルが高いのが懸念材料でした。

一方、情報セキュリティマネジメント試験は初心者を対象にして内容が構成されているので難易度は低めですし、基本情報を習得した上で以後上位レベルの資格にチャレンジするというステップが踏めるようになっています。

そして、インターネットはもちろんコンピューターに関する事柄を広く全体的に学び理解を深めたいという場合に適しているのが基本情報技術者試験であり、コンピューターに纏わる事柄をまんべんなく理解しているという事を外部に伝えられる良い手段です。

さらに、スキルアップを目指したり転職活動などを優位に進めていきたいのならプロジェクトマネージャー試験が最適で、有していればエンジニアとして転職活動を行う際に企業側から提示されている本来の給与よりも実際に得られる給与額を大きくさせる事ができます。

インターネット資格にインターネット検定(ドットコムマスター)というものがあります。

インターネットについての基礎知識を学び、安全に使うためにマナーやモラルを身に付けるドットコムマスターベーシックと呼ばれる資格取得が目指せます。

後、仕事でネットワークやシステムを扱う人に必要な知識や技術を効率的に学ぶことを目的にするドットコムマスターアドバンスの2つがありあす。

ドットコムマスターベーシックは生活や仕事でインターネットを利用するすべての人におすすめです。
ドットコムマスターアドバンスはキャリアアップスタッフ指導などの企業や組織で活躍できる実践的なICT知識を身に付けたい方におすすめです。

得点結果に応じてドットコムマスターアドバンスシングルスター(中級レベル)、ドットコムマスターアドバンスダブルスター(上級レベル)の2つの資格を認定します。

特に学生は社会人として必要なICT活用マナーやモラル、セキュリティなどワンランク上の基本知識を学ぶことができ、面接でのインターネットやPCスキルについても、自信をもってアピールできます。
また、情報セキュリティ部門などICT専門職の方にも対応しており、v6資格認定の資格なので、公的にIPv6関連技術を取得していることを証明できます。

IC3というコンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる国際資格があります。

試験は「コンピューティングファンダメンタルズ」「キーアプリケーションズ」「リビングオンライン」の3科目で構成されています。

実社会で必要なIT基礎力が証明できるため、転職や就職活動時にアピールできます。

また、多くの企業で社員教育として導入されています。合否の結果が受験後にすぐに判定してくれるので取得したその日から履歴書に記載して、就職や転職活動に活かすことができます。

25以上の言語で実施されているグローバルな認定資格なので世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」により、認定されたスキルは世界で通用できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク