環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。

環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。

そしてその数は大きなものから細かなものまでたくさんあります。民間資格や公的資格、そして国家資格のどの中にもこの環境に関する資格は含まれています。この資格は3つの系統(生物系、化学系、工・物理学系)があります。

生物系は民間の資格となりますが、環境資格においてはよく知られている実際的な資格となっています。たとえば、ビオトープ管理士や生物分類技能検定、森林インストラクターなどがあります。この資格の目的は自然環境や生物の調査や保全です。この資格によって、現場での環境保全に携わったり、他の人々に自然環境や生物に関してより良く知ってもらう活動を行っていくことができます。そういった仕事を行いたい人にとってこの資格は非常に役立つものとなります。

化学系でよく知られているのは、国家資格である公害防止管理者と環境計量士の2つです。

公害防止管理者はその名の通り、公害を防止していくために必要な知識と技術を学び、身につけることになります。

環境計量士の資格を取るには、毎年3月に行われている筆記試験をクリアする必要があります。この資格は経済産業大臣から与えられる資格となっています。振動、汚染、騒音などの測定や分析を行うための知識と経験を必要とする資格です。

工・物理系の資格は、施設等での特別エネルギーなどを管理するために必要な資格で、環境に関するところだけでなく、一般の工場などでも必要な場合があるようです。この資格の中には、産業廃棄物処理施設技術管理者やエネルギー管理士などがあります。

環境という身近なところにスポットを当てた資格にNACS-J自然観察指導員というものがあります。この環境資格は民間が実施しており、保有者は自然との関わり方を地域に指導し観察会などのイベントを催します。山など自然の中を歩くのが好きな人に向いており、楽しみながら環境保護を推進していきます。

資格は試験を受けて取るのではなく、NACS‐Jが行っている講習会に参加します。不定期ですが1年に12回ほど開かれ、受講料はその時によって異なり2万円~3万5000円ほど用意していれば足ります。環境を守るボランティアリーダーになりたいという気持ちが強い18歳以上の人が対象で、NACS-Jの会員に申し込むと受講できます。

試験がなく環境保護の意欲があれば取れる資格なので難易度は高くありません。講習会は現在500万回以上行われ、2万9000人が受講しています。

2日間のプログラムで室内講習と野外実習はバランス良く予定され、生物の多様性が人間に与える恩恵や自然観察のポイントを学びます。ボランティアリーダーを育成するのが目的の資格ですが、ネイチャーガイドや小中学校の講師として勤務し始める人もいます。

漠然と環境を守りたいと考えていた人が、講習会を通して具体的にイメージを掴むことで職業として確立させることができます。

資格を取ったからすぐに本業にできるというよりは、ボランティアを重ねてその実績が買われ収入につながるという流れです。

本業がある場合ボランティア活動をする時間があまり取れないこともありますが、子供との触れ合いが楽しくて続けるという人もいます。

さらに大学生などで進路が決まっていない場合にも、自分が輝ける分野を見つける良い機会となります。NACS-J自然観察指導員の資格を持っていると障がいのある人との自然観察会の方法などの研修会を普通より安くで受けられるため、生涯を通して自然と関わりたい人におすすめの資格です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク