税理士は人気があり、資格を取ろうと考えている人は非常に多くいます

税理士は人気があり、資格を取ろうと考えている人は非常に多くいます。

この資格は国家資格となり国税局直轄の資格となっています。仕事内容としては、税務関係の書類の作成や税金の申告と申請、税務関係の相談、不服の申し立て等を企業に代わり行っていくものです。

これには13通りの受験資格が定められています。その中には簿記検定の1級を持っていること、経済学か法律学のどちらかの科目をを短大や大学等で取得していることなどが挙げられています。試験内容としては、5科目の合格が条件となっています。期間は定められておらず、とにかくこの5つの科目をクリアしていけば取得できるようになっています。

なので、会社勤めや他のことを行いながらある程度の長い期間を視野に入れてこの資格を取得しようと考えている人も多くなってきています。資格を取ることができれば、その気になれば一人で開業することも可能なので、女性の取得者や独立して仕事を行うことを考えている若い年齢層にも人気が出ています。

さらには、中小企業診断士や社会保険労務士などの資格も同時に取得して万全の態勢で起業しようとする人も多くいます。合格率としても1割から1.5割にもなるので比較的手をつけやすい資格とも言えます。勉強方法も専門学校から通信制の教育や資格スクールなども充実しており自分に合うものを選ぶこともできます。

ただし、独学以外はある程度の出費は覚悟しなければいけませんので自分の経済事情もじっくり考える必要もあります。

税理士とは、顧客や依頼先の依頼に応じて税務書類を作成して税務署に提出し、税務上の指導やアドバイスを行う税務のプロフェッショナルです。

税務署に提出する書類の申告や届け出等の税務の代理、確定申告書等の税務書類の作成、税法上の処理についての相談や助言を行う税務の相談は税理士のみに認められた独占業務であり、資格を取得していない人間が行うことはできません。

税理士になるには国家資格を取得する必要がありますが、他の難関国家資格とは違った特徴があります。それは科目合格制度があるという点です。

難関資格の試験には多くの場合複数の科目が課され、弁護士や公認会計士の試験であれば、全ての科目の試験を受けて一度に合格しなければなりません。

試験の内容は非常に広範囲であるにもかかわらず、一括合格しなければ他の科目の合格は無駄となってしまいます。

しかし税理士の場合、全11科目の中から5科目を選び合格する必要がありますが、一度に全て合格する必要はありません。

一度合格した科目は生涯有効なので、多忙な社会人であっても自分の都合に合わせて合格を目指していくことができます。他では難しい、1年に1科目か2科目ずつこつこつと勉強して合格を目指していくプランが可能です。

この特徴からも、他の難関資格に比べて社会人からの人気が高いです。税理士を目指すにあたってはまずは簿記から学習、取得を始めるパターンが一般的ですが、簿記の資格を持っていると就職や転職の際にプラスとなります。どの企業や団体にも経理は必要である上、簿記の知識があることは社会人として必要となる会計知識を保有している証明となるからです。

税理士の科目合格であれば、さらにそのプラスが大きくなると言って間違いないです。科目合格の段階であっても、税理士資格を取得している人材は企業にとって魅力的なので、自分の価値を高めていきたい学生及び社会人の間で、これからも税理士資格の人気は衰えないと言えるでしょう。

大変な難関とされる税理士資格、効率的に勉強するためにも通学講座の選び方は大変重要です。

●資格の大原
税理士資格と言えば資格の大原。それほど会計系の資格には強い予備校です。
資格の大原の税理士講座の特徴は、テキスト内容と合議内容のバランスがとてもいいということです。
長年培ったノウハウが凝縮された資格の大原の講義内容は、まさに資格の大原の最も得意とするところで、効率、ボリュームの両面において最も信頼がおける講座ではないでしょうか?
また欠かせない特徴は、とにかく講師陣がとても分かり易い講義を展開致します。テキストの内容を実に分かり易く頭の中に放り込んでくれます。
ほかの資格とは違い、税理の資格取得には複数年かけて勉強を行うような長期的な計画も必要になり、その意味で勉強を効率的進める「計画」という点において、この資格の大原は最大限のサポートをしてくれます。
後述しますが、税理士の合格者の絶対数は多くありません。それほど難関なのです。その合格者の中で資格の大原の講座を受けていた人がどのくらいいるか、という合格者占有率では圧倒的No.1です。これが実績です。

●TAC
こちらも税理士講座としては大変有名で実績もある講座です。
資格の大原と同様充実したテキストと講義内容が魅力です。
税理士試験は、どんなに時間を使っても適切な教材と計画がなければ合格は難しいです。それ故、多くのノウハウを積み上げてきたTACを選択することは当然の選択かと思います。
税理士の合格者数の占有度も大変高く、いかに教材及び講義が信頼に足るものかが分かります。

●その他
実績から勘案し、お勧めしません。
これが現実です。

合格者の占有率は、資格の大原が最も多く、次いでTACです。
両通学講座の合格者数を合わせると、概ねその年の合格者の90%以上を占めております。
「他の通学講座では合格しない」ということを申し上げる訳にはいきませんし、そんなこともありませんが、お勧めの講座、ということであれば、この2校以外に進められる理由などないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク