行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。

行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。

たとえば、遺言書などの権利義務、事実証明、契約書などの作成、役所に提出しなければならない許認可等の申請用の書類作成と手続き代理などを請け負ってその報酬を得ることになります。

中には、資格所有者が付けることのできるバッジにあこがれたから、という理由で資格を取ろうとする人もいるようです。

試験は1年に1度だけとなっています。この資格にチャレンジする人は毎年増えてきています。特に受験資格が定められていないというのもその理由の一つと言えるかもしれません。しかし、この資格はもともとは比較的取りやすい国家資格の一つとして数えられていましたが、最近は試験が少しずつ難しくなってきているようで、合格率も良くても3%程と落ち込んできています。

この理由としては、受験者がかなり増加してきたことや資格制度の見直し論の影響、また法科大学院に設置されたことなどが挙げられるようです。

この行政書士の資格に関しては、「一発で簡単に受かる!」という謳い文句を掲げている専門学校や通信教育が多くありますが、これには気を付けなくてはいけません。

資格のために学校に通っているから、講座を受けているからといって簡単に受かるような資格ではなく、弁護士の資格のように非常に取得難しい資格なのです。ですから資格取得にあたっては、しっかりと気を引き締めて臨むことが必要となってきます。

行政書士資格を取得する方法として、独学、通信講座、専門予備校に通う方法があります。

資格取得というゴールは同じですが、いずれにもメリットとデメリットがあります。

まず独学で行政書士資格を取るときの1番のメリットはコストが抑えられることです。自分に合いそうなテキスト及び問題集を購入し、ひたすら計画的にこなしていくこの方法ですがデメリットとして独りよがりになる可能性がある点です。

また分からないところを質問できないということも初学者には厳しいでしょう。

通信講座も独学と同じように勉強自体は自分1人でやる必要がありますが、メールやFAXなどで質問を受け付けている場合もあるためつまずいた点を放置せずに済むというメリットがあります。

また最近ではインターネットで講習を受けることも可能であるため、自宅にいながらにして後述する専門予備校で行われているハイレベルな講義を受けることができます。

毎月教材が送られてくるものと、1度申し込むと一通り全ての教材が届くものがありますが、ついつい教材や課題を溜めこんでしまうタイプはあまり向かないです。

最後に専門予備校に通う方法ですが、最大のデメリットは先に紹介した2つよりも高額な費用がかかることです。

テキスト代だけでなく受講料、通学にかかる費用も考えた上で判断すべきでしょう。一方で最大のメリットと言えるのが、臨場感ある授業を受けられることです。

また周囲には自分と同じように行政書士の資格取得を目指して日々頑張るライバルも大勢いるため刺激になります。こういったところで出会った人は、資格取得後にもいい関係を繋げていけることが多いので資格取得だけでなく人脈を広げたい人にもおすすめです。

行政書士試験は、全ての法律の基礎である憲法と民放の他に行政法、一般的な法律知識など幅広い知識を問われる資格試験です。

試験も1年に1回しかないため、なるべく自分にあった学習方法で早目にスタートを切ることが賢い受験者です。

任期である行政書士資格は、多くの講座が存在します。

それ故どの講座を受けるか大変迷ってしまいます。
そこで、今回はお勧めできる講座とその特色をご紹介いたします。

●資格の大原
経験豊富な講師陣が、一から丁寧な講義を行います。初学者向けでもあり、大変丁寧なパッケージです。
いろいろ副教材を自分でそろえる必要もなく、このコース単体で合格が目指せるというパッケージになっており、知識の散乱を避けることができます。
また通信、通学の両コースがあり、ご自分の都合により選択ができます。
とにかく講師陣の説明が大変分かり易く、合格しやすさで言えば大変お勧めできる講座です。

●フォーサイト
低価格が魅力の通信講座です。
通信とはいえ、講義をWEB或いはDVDで視聴することができ、実際に講義を受けているような感覚で勉強を進めることができます。
特にこのWEB講義は隙間時間で簡単に視聴することができるので時間の使い方でいえば最も優秀な講座かもしれません。
またテキストがフルカラーで、持ち運びしやすB4サイズのテキストも場所を選ばず勉強できまし、図や色や絵によって知識の定着を促進させる効果も最大限に使われています。

●ユーキャン
通信教育の最大手です。
価格帯に魅力があり、テキストの内容はまさに初学者向けで、行政書士の試験内容を把握するには大変有用化と考えております。
ただ講義というものがほとんどなく、インプットの勉強はすべてテキストから、というスタイルで、内容はそれだけに「基本」に特化しております。あとは過去問をどんどん繰り返してテキストに戻る、という勉強方法になります。

●TAC
資格予備校の大手TACは法律系に強いため、当然この行政書士講座も毎年多くの合格者を出しております。
テキストから講義まで充実の一言に尽きます。それ故講義を1回転させるのに使う労力は他の講座よりも負担が多いと思われますが、その分「初見の問題で失敗した」というリスクを回避できるメリットがあります。

予備校系は充実した講義内容を、通信系は勉強時間の高効率を、という2系統の傾向がありますが、どちらを選択するかはご自分の生活スタイルによることになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク