資格詐欺商法とは?

世の中の景気が悪くなってから、会社員を勤めていても給料が上がらないどころか給料が下がることすら考えられます。

また、将来的に会社自体がなくなってしまう場合や、リストラされる対象などになることもあるため会社員の身分に対して不安を持っている人はかなりたくさんいます。

そこで、資格を取得して独立をしたり給料にプラスアルファになることで生活の安定を図ろうとする人は数多くいるでしょう。1990年後半あたりから資格ブームが訪れ、多くの人が近くの勉強をするのに必死になっていました。

ただその一方で、資格詐欺商法と呼ばれるものもはやった傾向があります。

現在でも、そのような商法が行われているのは事実です。

どのような手口かといえば、簡単に合格できるセットがあるので一度受けてほしいと無料でサンプルなど多くってきます。そして、にせものの口コミや体験談などが記載されておりその教材の信ぴょう性を高めるようなトリックが仕掛けられているわけです。

その仕掛けを信じてしまった人は、20万円ぐらいのお金をかけて教材セットを購入してしまいます。売却する方もプロですのでわざと安く見せるため今申し込めば半額で受けることができるなどと宣伝をしていくわけです。

例えば本来40万円するセットが今ならば半額で購入することができるとしたならば、お客さんも飛びついてくる可能性があるでしょう。

さらには、その資格を取得した時の給料の違いなどを明確にしお客さんに対して資格を取得した時の体験をしてもらうわけです。

ですが実際には、教材そのものもかなり怪しいものも多く、結構でたらめな内容だったりします。このような詐欺の手法は頻繁におこなわれていますのでひっかからないように注意する必要があります。まず、セールスの電話に対してすぐに契約をしないようにしましょう。

いくら今すぐ契約をすればお得になるといわれても、インターネットなどで情報を調べてからでも遅くありません。また、勝手に送られてくる無料教材もそのまま放置してやらないのが一番です。

資格詐欺商法のトラブルを避けるためには?

資格には様々なものがありますが、最近は資格詐欺商法と呼ばれるものが出てきています。どのようなものかといえば、資格を簡単に取得することができる講座があるなどと電話がかかってきて、承諾を得たらテキストなどが遅れてきます。

もちろん先にお金を払う仕組みになっていますが、送られてきたテキストを見るととんでもない内容のものが多くとてもそれでは資格を取得することができる内容にはなっていません。

また、予備校と提携しているので安心などといつも、全く提携しておらず先にお金だけだまし取って連絡が取れないようになるところも珍しくありません。

視覚の種類も、それほどむずかしいものはなくたいてい1年ほど勉強すれば取れるものばかりになっています。

例えば、行政書士や心理カウンセラーそして英語検定などがこれに該当するでしょう。それ以外のものもたくさんありますが、だいたい1年程度の勉強で達成できるものばかりです。

なぜそのようなものが選ばれるかといえば、金額的に簡単に支払うことができるからです。

例えば、合格するまでに5年かそれ以上の時間がかかる司法書士などの場合には、教材費や講座代だけで200万円を超えることは少なくありません。

そのようなお金を電話一本で簡単に出してくれるお客さんがいるかといえば、全くいないわけではないけどもまずいないでしょう。

ですが、1年程度でとれる資格の場合には、1年間で20万円から30万円ぐらいの費用になるためちょっと頑張れば出すことができます。

金額としては少なくないけども、少し頑張れば出すことができる金額が資格詐欺商法の狙い目と言えます。

ではこれにひっかからないためにどのようにしたらよいかといえば、まず相手の電話番号を確認してインターネットなどで調べてみましょう。

固定電話のところならば信頼できますが、たいていは携帯電話の番号が主な番号になっているはずです。それと同時に、クーリングオフが適用されるかも確認しておくことです。

資格詐欺商法の被害に遭ってしまったときの対処

子育てが落ち着いた主婦が少しでもお給料のいい仕事をしたいと思った時や、社会人が自分のスキルアップや資格手当の取得などに繋げるためなどの目的で、資格講座を受講する例は非常に多いですよね。

国家資格から民間資格まで現在取得することができる資格は無数に存在していますし、どんどん新しいものが増え続けている状態です。

資格講座を受講して、自分の生活や仕事に役立つことができていい経験になったという人もいれば、悪質な資格詐欺商法に引っかかってしまう人もいます。

もし自分が資格詐欺商法に騙されてしまったらどうしたらいいのでしょうか。

資格詐欺商法の典型的な手口は、言葉巧みな嘘をつきながら高額な教材を売りつけるというパターンです。

「嘘のパターンとしては、難易度が高くて合格率の低い資格でもこの講座なら簡単に合格できる」というようなものや、「将来国家資格になる可能性があるが、制度が変わる今ならまだ簡単に取れる」というものなどです。

就職に有利になったり、資格取得後に必ず高収入の仕事をあっせんしてもらえるなどと誘いをかけてくる者もいます。いずれも甘い言葉で受講料を引き出そうとするものです。仮に断っても中身のないテキストなどの教材を一方的に送りつけられて契約が成立したことになるので厄介です。

もし被害に遭ったら消費者生活センターにすぐに相談しましょう。

その場ですぐに教材費などを請求されるパターンの他に、忘れたころにお金を請求してくる二次被害を防ぐためにも、泣き寝入りをしないようにすぐに相談しましょう。

消費者相談センターは、クーリングオフの方法を教えてくれたり、警察への通報を検討している人にはサポートをしてくれます。

弁護士に相談する方法も有効です。初回の相談料は無料ですが、2回目以降の相談費用が気になる場合は法テラスに頼ってみましょう。

法律事務所も得意分野があるので、なるべく詐欺被害専門のところを選んでおいた方がいいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク