趣味を活かせる資格試験スポーツ

スポーツ関連の資格は、自分の趣味を活かしながら取得できます。
スポーツ指導者の資格が主であり、これは財団法人日本体育会協会による資格となっています。様々な種類の資格が定められています。

まず、スポーツ資格の基本的な事柄を学ぶ資格試験のスポーツ指導基礎資格というものがあります。この資格がおすすめなのは、これからスポーツ関連の指導者を目指している方や、現在指導を行っておられる方、さらには体育指導員をしている方です。

この資格をパスすれば、さらに次の段階であるフィットネス系資格や競技別指導者資格を目指すこともできます。

2つ目としては、商業スポーツ施設や地域・学校での専門的な指導者を目指している方におすすめの競技別指導者資格というものがあります。これも、これから指導者を目指している方にぴったりの資格です。

3つ目としては、民間商業スポーツ施設や地域のスポーツクラブ、また公共施設で身体づくりの指導等にあたっている方、またはそれを目指している方にぴったりのフィットネス資格というものがあります。

4つ目は、ある程度のスポーツ医学に関する知識を持っていて、競技能力や健康管理の手助けを行っているトレーナーや医師の方、またそれを目指している方におすすめのメディカル・コンディショニング資格というものです。

さらに5つ目として、スポーツクラブ等でマネジメントを行っておられる方やそれを目指している方にお勧めのおすすめのマネジメント指導者資格というものもあります。

他にも、全日本スキー連盟の民間試験「スキー指導員」や日本プロボウリング協会資格審査委員会に趣味型の民間試験「プロボーラー」、体力テスト失しにおける指導と判定を行う「体力テスト員」という資格もあります。

趣味資格の中でもスポーツ資格を取得することでスポーツライフを充実させることができます。

自らのスポーツ力を上げるためだけでなく子供たちへの指導のため、食に生かすためにも正しい知識を身に着けられるスポーツ資格をご紹介したいと思います。

1つ目は、スポーツ指導基礎資格と呼ばれるものです。この資格は地域における運動グループやサークルのリーダーを務める人に特に向いている資格で、通信講座や集団講習会を受ける必要があります。この資格を取得すると各競技の指導者資格やフィットネス資格などにステップアップさせることも可能となるためスポーツ資格の基礎資格としてまず取得したい趣味資格です。

2つ目は、中高老年運動指導士といって中高・老年期を迎える方たちの健康維持や増進を目的とし運動指導の新理論と実技の習得が認められるものです。

高齢化社会を迎える今後に向けて取得しておきたい将来性のある趣味資格となっています。

3つ目は、健康運動指導士というもので、保健医療関係者と連携して、安全で効果的な運動を実施するためのプログラムを作り、実践指導計画の調整などを主に行います。

この資格もフィットネスクラブや病院または介護老人施設で有利に働くことができるため今後需要が高まる資格の一つといえます。

4つ目は、スポーツ栄養士ですが、スポーツ栄養の専門家として競技者の栄養と食事に関して栄養教育や支援サポートを行うことができるようになります。

養成講習会を受講する必要があり、そのためには管理栄養士の資格が必須となっていて非常に専門性の高い資格です。アスリートの方々と一緒に目標に向かって成し遂げたいという夢を持っている方におすすめの資格です。

この他にもスポーツフードアドバイザーやスポーツ医学検定、オリエンテーリング・インストラクタなどたくさんのスポーツ資格、趣味資格が存在しています。

国家資格から民間資格まで幅広くの種類があり、それぞれ興味のあるスポーツ資格を正しく学ぶことができるようになっています。

趣味を生かせるスポーツ資格というと、スポーツというイメージが強いので、激しい運動ということを伴いそうな感じですが、趣味資格と呼ぶのにぴったりなのはオリエンテーリング・インストラクタそしてデレクタというものになります。

オリエンテーリングの普及活動に貢献して、オリエンテーリングの指導や普及を図るための資格となっています。各都道府県にある協会が主催する一泊二日の講習会を受講して、まずはインストラクタの資格取得をし、その後ディレクタ講習会を受け、2級そして1級へと進んで行くものです。

オリエンテーリングというのは、どちらかと言えば人里離れた山の中や海の小島などで行われることが多いのですが、日常生活の近くでも自動車に気を付けて交通ルールなどをきちんと守ればできないことはありません。

そのために、企業の新入社員研修などで、身体を鍛えながら仲間との交流を図るというようなときに使われるプログラムの一つとなっています。最近では高校で、新人たちが溶け込みやすいようにということで、オリエンテーション(導入教育のプログラム)のときに、使うことも多くなっているものです。

山歩きの好きな人や自然を楽しみながら身体を動かしたい趣味の人にはぴったりで、しかも様々なことに生かせるものであり、人と自然の触れ合い、スポーツをしながら人と人が繋がるということに最適のものということができます。

もう一つはスポーツそのものではないのですが、スポーツ栄養士という資格になります。アスリートの食事や栄養の面倒を見たり、支援サポートをするための資格となっています。日本体育協会と日本栄養士会が主催する養成講習会を受ける必要があります。

スポーツという冠がついていますが、日常生活に生かせる内容がふんだんに含まれているので応用範囲が広い資格ということができます。ただし、受講には管理栄養士資格が条件なので、まずはこちらの資格を取得する必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク