パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。

パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。

パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。

ネットワークが急速に発達してきた近年、パソコン関連の資格は非常に重要視されるようになっています。とりわけ、情報関連の仕事や事務職においてはなくてはならない資格も多くあります。

 

たとえば、P検とも呼ばれているパソコン検定という資格があります。多くの場合企業側のパソコンに関するスキルをチェックする際に使われいて技術と知識を必要とする検定でパソコンに関する標準的な試験とも言えます。他には初級システムアドミニストレータという試験もあります。

 

一般には初級シスアドとも呼ばれています。国家資格の中では他と比べて取得しやすい資格と言われています。この資格は、情報技術に関しての知識や技術がある程度必要とされており、利用者の立場から業務の情報化を進めていくその役割を担うというものです。ですので、ネットワーク関連の知識もどうしても必要です。

 

初級があるということは上級もあるわけで、ビジネス的な戦略や企業に関する知識もかなり必要となり、それを土台として情報システムや業務システムを手掛けていくことになります。

 

これら上にあげた資格は、パソコンに関連する資格の中でもほんの一握りでしかありません。国内にまだまだ様々な資格があり、例えばMOS、MIDI、CADなど何十種類もの資格が存在しています。ですので、自分にはどんな資格が必要なのかをよく見極めていくことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ