旅行業界の中でもただ一つの国家資格は旅行業務取扱主任者の資格

旅行業界の中でもただ一つの国家資格は旅行業務取扱主任者の資格

旅行業界の中でもただ一つの国家資格は旅行業務取扱主任者の資格

この資格は旅行業界の中でもただ一つの国家資格であり、旅行に関する業務全般を扱うものです。2005年以降の制度改正によって「旅行業務取扱管理者」と呼ばれるようになりました。

 

この資格によって旅行会社の中の営業所や支店で責任者として業務を行うことができるようになります。二つに分類することができ、国内旅行業務取扱管理者(国内旅行を扱う)と総合旅行業務取扱管理者(海外旅行も扱える)とがあります。

 

法的にもこの旅行業務取扱管理者が各営業所に一人ずついなければならないことになっています。その営業所、または支店に10人以上の社員がいる場合は複数必要となります。旅行代理店を開くにはどうしても必要とされる資格と言えます。

 

ただし、資格を持っているだけでは十分とは言えず、管理者としてきちんと選任される必要があります。毎年1回それぞれの資格試験が行われており、受験資格も定められてはいないのでいつでも試験を受けることができます。

 

先に国内旅行業務取扱管理者の資格を取った場合、あとで総合旅行業務取扱管理者の資格も取ろうとするときには、試験の一部が免除されることになっています。さらには、日本旅行業協会や全国旅行業協会の研修を修了していて旅行業に携わっている人も一部が免除となるようです。

 

現在では海外旅行者の人数も格段に増えている中でこの資格は非常に有用なものとして認識されています。ぜひ資格取得を考えてみられるのはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ