医療事務の資格

医療事務の資格

医療事務の資格

医療事務の資格については大きく4つの分野で考えることができます。

 

まず最初は、介護保険の事務職に就くための試験である、ケアクラーク技能認定試験というものがあります。内容としては、帳票類の作成・交付、介護報酬請求、関係機関やサービス事業者とのやり取りなどの事務的な仕事を行います。

 

この資格を取得するために一番良い方法は財団法人日本医療教育財団(財団法人)の通信講座を受けることです。他には、この財団のガイドラインに基づいた課程を専門学校で学ぶか、半年以上の介護事務職の実務経験を積んだ後しけんを受けるという方法もあります。

 

これには受験資格も定められており、実務を経験したことのある者、又は講座の修了者が受けられることになっています。それぞれの都道府県で試験が実施されており2月、7月、10月の3回行われています。

 

2つ目は、医療現場で事務職を行う者としての能力を測定する、医療秘書技能検定というものがあります。この資格は幅が広く、医学的知識も必要とされ、ほかにもレセプト作成や医療機関の組織運営についての能力が必要になります。医療秘書教育全国協議会が主催者を務めており、2004年の段階では142もの学校(短期大学、専門学校等)がこれに加盟しているようです。

 

時々、医療事務の求人欄を見るとこの資格を採用条件として挙げている機関を見ることがあります。この資格には4つの段階が定められており、上から3級、2級、準1級、1級となっています。

 

他にも3つ目として、メディカルクラーク日本医療教育財団JAD区分(公的資格)の医療事務技能審査試験というものがあり、4つ目としては日本医療保険事務協会JAD区分(公的資格)の診療報酬請求事務能力認定試験というものもある。


ホーム RSS購読 サイトマップ