国家資格である建築士は、建物の設計や工事管理を行うために必要な資格

国家資格である建築士は、建物の設計や工事管理を行うために必要な資格

国家資格である建築士は、建物の設計や工事管理を行うために必要な資格

国家資格である建築士は、建物の設計や工事管理を行うために必要な資格であり、法律第202号(1950年)に沿って作られたものです。

 

1年に一度建築士の試験が行われます。これをクリアすることができれば国土交通大臣か都道府県知事からの免許を受けることができ、資格を活用して設計や施工を行うことが可能になります。

 

この資格には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つの種類があります。この建築士の資格がなければ設計を行うことができません。その中には二級建築士または木造建築士で設計可能なものと、一級建築士でしか設計を行えないものなどが定められています。

 

時々「建築家」という呼び方を耳にすることがありますが、これは設計の中でも作品性、作家性を兼ね備えている建築士のことを言います。

 

著名な作品の設計者や受賞歴を持つ建築家に対して建築家と呼ぶことが多く、このほとんどの建築家は「一級建築士」です。ただ、中には設計に関する実務は有資格者のスタッフに任せて、自分は建造物のデザインやコンセプトを手掛けるという建築家もいます。

 

この資格には受験資格が定まっており、実務経験がどうしても必要となります。
この場合、専門教育を受けているかどうかで実務経験の必要年数がかわってくるわけですが、全く専門教育を受けていない場合は7年以上の実務経験が求められることになります。

 

その後に初めて資格試験を受けることができるのです。
専門教育を受けている場合は、その程度によって年数が免除されていきます。

 

2005年の試験の合格率としては、
一級が学科25%、製図30.3%、総合11.1%
二級が学科33.2%、製図54.5%、総合23.3%
木造が学科74.5%、製図74.4%、総合53.6%
となっています。

 

受験までに下積みが必要な資格ですが、それでも一級建築士に関してはかなり合格率が低くなっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ