不動産に関する資格試験

不動産に関する資格試験

不動産に関する資格試験

不動産に関する国家資格としては6つの代表的な資格を挙げることができます。
その中には、管理業務主任者、マンション管理士、宅地建物取引主任者、土地家屋調査士、司法書士、不動産鑑定士というものがあります。

 

不動産鑑定士は、不動産の経済価値や権利関係についての高い知識を持ち合わせていて、国土交通省にある不動産鑑定士名簿に当落されている者のことをいます。主な業務は不動産の鑑定評価を行うことであり、もし不動産鑑定士の資格を持っていないものが鑑定評価を行ってしまうと罰を受けることになってしまいます。

 

司法書士は、依頼を受けて法務局や裁判所、検察庁に届け出る書類を作ったり、それに関係する様々な手続きを代行して行う業務が主となります。

 

土地家屋調査士も、依頼を受けて業務を行います。建物や土地の場所、形状、用途を調査し、測量も行って図面を作成後申請のための手続き等も行います。法律と測量に関して専門的な知識を持ち合わせています。

 

宅地建物取引主任者は、建物や宅地の貸借、売買、交換が行われる間に大切な事柄についての説明を行っていく業務が主となります。

 

マンション管理士は、マンションの管理者や区分所有者の相談(管理組合の運営管理について)を受け、主に区分所有者としての立場からアドバイスや指導を与えていく業務となります。

 

管理業務主任者は、マンション管理会社としての立場で様々な問題を解決していく必要があり、委託契約においての管理事務や重要事項に関する報告を行っていく業務となります。

 

もちろんいずれの資格もそれぞれの試験に合格して初めて業務につくことが可能となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ