環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。

環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。

環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。

環境関連の資格はたいてい日本国内でしか通用しないものがほとんどです。そしてその数は大きなものから細かなものまでたくさんあります。民間資格や公的資格、そして国家資格のどの中にもこの環境に関する資格は含まれています。この資格は3つの系統(生物系、化学系、工・物理学系)があります。

 

生物系は民間の資格となりますが、環境資格においてはよく知られている実際的な資格となっています。たとえば、ビオトープ管理士や生物分類技能検定、森林インストラクターなどがあります。この資格の目的は自然環境や生物の調査や保全です。この資格によって、現場での環境保全に携わったり、他の人々に自然環境や生物に関してより良く知ってもらう活動を行っていくことができます。そういった仕事を行いたい人にとってこの資格は非常に役立つものとなります。

 

化学系でよく知られているのは、国家資格である公害防止管理者と環境計量士の2つです。公害防止管理者はその名の通り、公害を防止していくために必要な知識と技術を学び、身につけることになります。

 

環境計量士の資格を取るには、毎年3月に行われている筆記試験をクリアする必要があります。この資格は経済産業大臣から与えられる資格となっています。振動、汚染、騒音などの測定や分析を行うための知識と経験を必要とする資格です。

 

工・物理系の資格は、施設等での特別エネルギーなどを管理するために必要な資格で、環境に関するところだけでなく、一般の工場などでも必要な場合があるようです。この資格の中には、産業廃棄物処理施設技術管理者やエネルギー管理士などがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ