行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。

行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。

行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。

行政書士は国家資格です。資格取得後は連合会に加盟した後、個人で仕事を受けるようになります。たとえば、遺言書などの権利義務、事実証明、契約書などの作成、役所に提出しなければならない許認可等の申請用の書類作成と手続き代理などを請け負ってその報酬を得ることになります。

 

中には、資格所有者が付けることのできるバッジにあこがれたから、という理由で資格を取ろうとする人もいるようです。

 

試験は1年に1度だけとなっています。この資格にチャレンジする人は毎年増えてきています。特に受験資格が定められていないというのもその理由の一つと言えるかもしれません。しかし、この資格はもともとは比較的取りやすい国家資格の一つとして数えられていましたが、最近は試験が少しずつ難しくなってきているようで、合格率も良くても3%程と落ち込んできています。

 

この理由としては、受験者がかなり増加してきたことや資格制度の見直し論の影響、また法科大学院に設置されたことなどが挙げられるようです。

 

この行政書士の資格に関しては、「一発で簡単に受かる!」という謳い文句を掲げている専門学校や通信教育が多くありますが、これには気を付けなくてはいけません。

 

資格のために学校に通っているから、講座を受けているからといって簡単に受かるような資格ではなく、弁護士の資格のように非常に取得難しい資格なのです。ですから資格取得にあたっては、しっかりと気を引き締めて臨むことが必要となってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ