宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。

宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。

宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。

宅建は国土交通省が管轄する国家資格の一つで、宅地建物取引主任者の略称です。この資格を取得するにあたり、基本的には筆記試験を受けなくてはなりません。ただし、ある決められた登録講習を受講した者は一部の筆記試験が免除されることになります。またこの宅建の資格には受験資格は定められておらず誰でも受けることができます。

 

この資格は、宅建業を営むにあたり必要な資格となります。この宅建業とは、簡単に言うと不動産の取引をおこなっていく仕事のことです。5人に1人この宅建の資格を持つものが必要で、さらに営業所ごとに最低でも1人はいる必要があります。

 

この宅建業(不動産業)では専門的な知識が必要なうえ、高額の取引が行われることになります。その中において法的にも正しい契約を行い、なおかつ消費者を守るという目的でこの資格取得者がいる必要があるわけです。

 

現在この有資格者は全国でおよそ80万人で、宅建業者はおよそ13万社あります。ただし有資格者のうち実際に資格を活用してその業務についている者はおよそ25万人だそうです。

 

一時期、特にバブル時期は非常に人気があった資格ですが、最近になってからは人気は下火になってきており、受験者も減少傾向にあるようです。しかし、この宅建の資格は取っておいて損はなく、仕事の幅も広がってくる非常に価値ある資格であることに変わりはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ