教育関連に資格にも様々なものがあります。

教育関連に資格にも様々なものがあります。

教育関連に資格にも様々なものがあります。

教育関連に資格にも様々なものがあります。たとえば高等学校教諭免許や小学校、中学校教諭免許、幼稚園教諭免許、保育士などです。

 

幼稚園や小学校の教諭免許に関しては、基本的には短大や大学を卒業してから取得するのが通例ですが、ある決められた基準に達している人は資格試験を受けることができ、合格すればその資格を取ることができるようになっています。これによって、幅広いところから適任の人材を探しだすことが可能になっています。

 

保育士の資格に関しても、大学等の厚生労働大臣指定の養成学校を卒業していることが通例となっていますが、都道府県単位でも保育試験が行われていて、それにパスすれば資格をとることが可能になっています。現在では各都道府県での試験も統一化されており、合格率は1割ほどとなっています。ただし、この資格試験は一度合格した科目についてはその後受けなくてよくなるので、辛抱強くチャレンジしていけば資格を取ることができます。

 

これらの資格を取った後、すぐに働きだすことはできません。当然ですが、幼稚園や各都道府県に雇ってもらう必要があります。他にも教育関連の資格の中には、認定子育てアドバイザーや認定ベビーシッター等もあります。子供好きで責任感のある人には向いている資格、職業と言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ