暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。

暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。

暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。

暮らしにインターネットがなくてはならないものになってきている昨今、これに関連する資格の需要も大きくなってきました。特に有名な資格としては、70カ国でも実施されている世界的とも言える資格CERTIFIED INTERNET WEBMASTER (CIW)があります。

 

受験資格は定められておらずいつでも受験可能です。資格取得者は現在8万5千人を超えています。この資格は、細かく分類されていてビギナーから上級者まで幅広い層の人が自分のニーズに合わせた資格を取得できるようになっています。資格取得のための費用は少々高く付くようですが、この資格の必要はこれからもどんどん増していくことでしょう。

 

他にもi-Net+という資格があります。この資格は1999年に日本で始まったインターネット・エンジニアの実務標準資格で、現在では世界中で2万2千人を超える人がこの資格を有しています。

 

資格取得のための勉強としては資格スクールか通信講座が主となります。合格率も45%と5割近い数字となっており、受験費用は高くても資格取得の確率はかなりよい資格です。他のインターネット関連の資格としても、インターネット検定ドットコムマスターやモバイル検定等様々なものがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ