資格取得へ向けた資格取得の参謀

大手資格スクール比較一覧

TAC LEC 資格の大原
https://www.tac-school.co.jp/
http://www.lec-jp.com/

資格の学校TACの評判は?

TACが人気で選ばれる理由とは? TACは、もともと公認会計士や税理士などの会計分野の資格試験に強い資格試験予備校でした。その後、司法試験...

資格取得に向けた学習のポイントは?

資格取得をする場合には、学習ポイントとして内容を絞り込むことが必要になります。基本的にどの資格もよほど簡単なものでなければ幅広い範囲から出題されることになるでしょう。

幅広い範囲のすべてを勉強することができれば、それに越したことはありませんが実際には限られた時間の中で資格取得の勉強をしなければなりません。

特に、資格を取ろうとしている人の多くは社会人になりますので、社会人は限られた時間の中で有効に使うことが試されるといえるでしょう。

そんな時すべての範囲を勉強するとしてもなかなか十分な時間があるとは言えません。ですが、すべての範囲を勉強しなくても合格点をとることは十分可能になります。

まず大前提として覚えておきたいのは、すべての範囲から出題される内容はおよそ2割程度になることです。

大抵の資格の勉強でも全ての範囲から出題されることは到底考えられず、およそ2割程度の内容が出てくるだけです。

つまり、その2割の部分に全精力を使えばよいことになります。

ただし、必ずしもすべてが的中できるわけではありませんので、実際はもう少し幅広い範囲の勉強が必要になりますが、それでも学習する内容は大幅に省略することができるでしょう。まず注目したいのは、過去問題になります。

各問題の特徴は、過去に出題された問題ですのでどの程度のレベルが出題されるか理解することができると同時に、今後主題される可能性をある程度見極めることが可能になるわけです。

例えばある資格においては、大問の2番以降で出題された内容は翌年には出題されないといった傾向があることがわかっています。

そうだとすれば、昨年の過去問題を見て大問の2番以降に出題された内容をすべて調べ尽くしその範囲を勉強しなければよいわけです。

ただ、つがいする側もそのことは十分理解していますので、大問2番にしつらえされた内容を翌年の大問1番で出題する可能性が出てきます。

実際にそのようなことは過去に何度もありましたので、完全に大問2番以降を無視するわけにはいきません。

ただ、もう少しよく調べてみると、大問1番は基本的な問題しか出ず去年出た問題の内容でも範囲がかぶっているだけで内容自体はそれほど深く追求していないものになります。

そうだとすれば、おのずと昨年の問題に出ていた大問2番以降も勉強する必要があるかもしれませんが、それほど深入りせずに勉強していけばよいことになるわけです。

逆に、去年出ていない問題が深いところまで出題される可能性が高くなりますのでその準備を十分にしておけば合理的な勉強が可能になります。

資格を取得するなら教育訓練給付金を活用しよう

今の職場や収入に不満があり、転職を考えている方やもっとキャリアアップを目指している方、あるいは現在失業中の方など「もっと良い仕事を」を求める声は常に大きいものです。

そんなとき、頼りになるのはやはり強みとなる「資格」なのですが、取得は費用もかかるし大変な負担になります。

とくに失業していて休職中の方はあまりお金をかけられない状況ですし、資格を取れないために良い仕事に就けないとなると負の連鎖が起こってしまって抜け出せなくなるでしょう。

その上、日本は技術立国であり先進国ですからどんどんと単純労働の雇用は減っているのである程度高いスキルを持った人材の育成は経済を回していくために不可欠になっています。

この点を国も理解しており、新しいスキルを身に付ける意欲のある人には補助金を出しているのです。それが「教育訓練給付金」というもので、条件を満たせば受講にかかった費用の一部を国が負担してくれて払い戻しが受けられます。条件はいくつかありますが、大まかに言って三つです。

まず、「自分で申請をしなければならない」点に注意しましょう。

各予備校や資格学校に申請書類がありますので、必要事項を記入して自分で事務に提出すれば完了です。この手続きをしていないと他の条件を満たしていても給付金がもらえないため、最重要と言えます。

とくに本人確認は厳密にされるので、免許証など身元の分かるものを用意しておくのがおすすめです。次に、雇用保険の被保険者であること。

教育訓練給付金は雇用保険から出ていますので、被保険者かどうかを確認しておきましょう。失業していても保険に加入していれば問題ありませんので、申請できます。また受講する講座や学校はどこでも良いわけではなく、国が指定したところでないと要件に当てはまりません。

どこの学校に通うかを決めるときに、この給付金支給の対象になっているかどうかも見ておきましょう。

最後に、その講座での提出物はすべて出し、なおかつ修了課題が基準点に届いていなければなりません。

なんとなく受講している人に補助金は出せないというのは当然ですから、将来のためにも給付条件を満たすためにもしっかりと集中して受講をしていきましょう。

修了した後は、学校の事務にふたたび書類を提出し、自分に戻って来たら今度はそれを該当の役所にまた提出するという流れになります。

審査の後問題がなければ自分の口座にお金が振りこまれますが、やや時間がかかる点に注意が必要です。

どうすれば教育訓練給付金を活用できますか?

ハローワークの求人票を見ていると、いろいろな資格を持っている人が優遇されている求人やある種類の資格を持っていないと応募ができないといった求人が、少なくはありません。この会社に転職したいなと思ったとき、資格がネックになってしまったという人もいるのではないでしょうか。

転職したいのに、あるいは失業してこの会社に入りたいけど資格がと考えている人のために頼もしい給付金があります。

それが雇用保険の、教育訓練給付金です。教育訓練給付金は雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった人(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し終了した場合に、本人の申請により教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一部として支給されます。

この給付金の対象となるものは、雇用の安定と就職の促進を図るため厚生労働大臣があらかじめ指定した講座で、ビジネススクールや資格スクール、大学等が開催するものなどさまざまでIT系、医療福祉系の講座など、多彩な講座が指定されています。

指定内容は厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧にまとめられていて、公共職業安定所で閲覧可能です。この制度を利用するためには、受講費用はいったん受講者本人が支払う必要があります。

支給対象となるのは入学金と受講料で検定費用パソコン等の機材費、交通費等は含まれません。給付金の金額は労働者が負担した教育訓練の入学と受講に係る費用の20%(上限10万円)です。ただし支給額が4000円を超えない場合は、支給されません。

転職をしようと考えてその会社が何らかの資格を必要としているときに、この給付金を使用して資格講座を受講して資格を取れば転職に有利に働くことは間違いがありません。現在の会社に勤務していても使えることが、一番の魅力的なところです。

またこの資格がないとその会社に入社することさえできないといったところは、第一段階の突破ともなります。会社に入ってしまえば資格を持っていることで、給与面も優遇されることは間違いがないでしょう。

給付金10万円では少なすぎるという人も中にはいることでしょう。教育訓練給付金の中には、専門実践教育訓練というものもあります。これは厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講して、終了した場合に給付されるものです。

この給付金の金額は受講者が負担した教育訓練経費の40%相当額(訓練期間により上限96万円)で、4000円を超えないものは支給されません。これらの給付金を利用して転職を成功させましょう。

教育訓練給付金制度を利用して転職できますか?

ハローワークの求人票を見ていると、いろいろな資格を持っている人が優遇されている求人やある種類の資格を持っていないと応募ができないといった求人が、少なくはありません。この会社に転職したいなと思ったとき、資格がネックになってしまったという人もいるのではないでしょうか。

転職したいのに、あるいは失業してこの会社に入りたいけど資格がと考えている人のために頼もしい給付金があります。

それが雇用保険の、教育訓練給付金です。

教育訓練給付金は雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった人(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し終了した場合に、本人の申請により教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一部として支給されます。

この給付金の対象となるものは、雇用の安定と就職の促進を図るため厚生労働大臣があらかじめ指定した講座で、ビジネススクールや資格スクール、大学等が開催するものなどさまざまでIT系、医療福祉系の講座など、多彩な講座が指定されています。

指定内容は厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧にまとめられていて、公共職業安定所で閲覧可能です。

この制度を利用するためには、受講費用はいったん受講者本人が支払う必要があります。支給対象となるのは入学金と受講料で検定費用パソコン等の機材費、交通費等は含まれません。給付金の金額は労働者が負担した教育訓練の入学と受講に係る費用の20%(上限10万円)です。ただし支給額が4000円を超えない場合は、支給されません。

転職をしようと考えてその会社が何らかの資格を必要としているときに、この給付金を使用して資格講座を受講して資格を取れば転職に有利に働くことは間違いがありません。現在の会社に勤務していても使えることが、一番の魅力的なところです。

またこの資格がないとその会社に入社することさえできないといったところは、第一段階の突破ともなります。会社に入ってしまえば資格を持っていることで、給与面も優遇されることは間違いがないでしょう。

給付金10万円では少なすぎるという人も中にはいることでしょう。教育訓練給付金の中には、専門実践教育訓練というものもあります。これは厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講して、終了した場合に給付されるものです。

この給付金の金額は受講者が負担した教育訓練経費の40%相当額(訓練期間により上限96万円)で、4000円を超えないものは支給されません。これらの給付金を利用して転職を成功させましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする