転職のために企業が求める資格を取得する必要はありますか?

企業が人を求めるという事は企業に何らかの必要性があり人材を求めているという事です。

例えば国内市場で地力が付き次は海外のマーケットをターゲットに決めた時はそのビジネスを軌道に乗せる為新たな人材が必要になるかも分かりません。

その場合は入社の条件に転職資格を付けて募集する事になります。

例えば英語の検定等級を採用条件として記載し英語に堪能な人材を集め企業内でプロジェクトチームのメンバーとして働いて貰い将来的には現地の支店勤務要員として送り出す事も可能なのです。

転職資格に依り人材を集める事はある意味企業に取っては成功への近道となります。

既存の社員を教育して資格を取らせたり、その資格に準じる能力迄引き上げる事は不可能では有りませんが、時間と経費が掛かり企業としては得策では有りません。

勿論企業に対するロイヤルティーの問題を考えると転職資格だけを重視して事を進める事に対する一抹の不安は有りますが、そこは既存の優秀なベテラン社員をリーダーに配置する事で上手く回転する事になります。

転職資格の考え方は今まで企業の中である意味弱い部分を強化、補強する為に必要で有るという事も出来ます。

転職資格を持った社員が増える事に依り必然的に企業内で競争が発生し社内の雰囲気をより活性化させるという事も可能なのです。彼等の活躍に刺激されその資格を取る為に自己啓発励む社員が増えて行く事は企業としては願ったり叶ったりの好循環になります。

企業が成長を続けるには製品開発もさることながら、人的資源の社員のレベルアップは欠かせない条件なのです。

そう言う面からも転職資格を設けて優秀な人材を募る事は企業に取ってはマイナスに作用する事は無く、企業の成長に欠かせない条件にもなります。

特に社員の意識改革の観点からすれば一番効果があるかもしれません。いい意味での社内の競争は成長する企業の条件も一つかもしれません。転職資格は今後増えてくるはずです。

転職するために資格を取得しやすい講座や学校はありますか?

現在は求人倍率が高くなっていて転職しやすい状況であるのは間違いありませんが、それでも転職資格を所持している人の方が有利になるのは以前と少しも変わっていません。

転職資格を持っていれば業務で行かせるだけでなく、資格手当で給与の加算も見込めるので少しでも自分のスキルアップを考えている人は転職を実際に行う前に取得できる資格があれば取っておくべくです。

ただ資格を取得するための勉強は自分で参考書や問題集を購入して独学で行ってもいいのですが、独学では試験の対策ができないので範囲を絞って勉強するというのが難しいため、短期間で取得したいのであれば実績のある講座や学校に入ることをおすすめします。

転職資格の取得で広く知られていてその実績も十分であるというのは通信教育ではユーキャン、学校なら大原学園がいいでしょう。

ユーキャンは幅広く広報活動を行っているので名前を知っている人も多いのですが、ここは名前だけではなくずっと以前から通信教育での資格取得をバックアップしてきたのでノウハウを持っていて、どのような勉強方法を実践すれば合格に近付けるのかをよく知っています。

資格を得るための試験というのは年代によって変化をしますが、その基本はそれほど大きく変わらないので、古くから転職資格に携わっているところというのは期待できます。

大原学園は通学タイプの資格を取得するための勉強を教えている学校であり、高い合格率から定評があります。こちらも長い期間を要して資格を取得したい人の後押しをしてきた実績から試験の傾向と対策が適格に絞り込めるため、難関と言われる資格でも高い合格率が誇れるのです。

合格率が低い資格というと司法書士や社会保険労務士などですが、これらの資格を持っていると転職資格で有利になるだけでなく、独立して個人を行うことも可能になるので大変に有望な資格ですが合格率が低く、そのために出題範囲の全てを覚えるなど無理なので絞り込んでピンポイントで勉強をしなければ合格は遠のくばかりです。

他にもおすすめの学校や講座はあるので、自分に適した講座や学校をみつけて資格取得に役立てて下さい。

転職に有利な資格はありますか?

日本の場合、転職をするときにはたいていの人が前にいた会社よりも給料が下がってしまう傾向があります。

もちろん例外的に、ヘッドハンティングなどの場合には給料が高くなる可能性もありますがそのような例外を除けば普通に転職をすると1割程度収入が下がると考えておけば間違いありません。ですが、給料が1割下がって納得する人はほとんどいないでしょう。

だからといって、転職先の会社に文句を言っても何も始まりません。

そこで、資格を取得して給料を上げる方向に持っていくことが必要になります。

最終的に自分の実力をつけることができれば、自分自身だけでなく第3者も納得させることができるでしょう。

転職資格といっても資格ならば何でもよいわけではありません。

これは、どの業界にも通用するものは存在しませんので、特定の業界に行けば使える資格をとっておく必要があります。

例えば、不動産会社に転職をする場合には宅建をとっておけば給料が若干アップする傾向があります。

このように、どこに転職するかによって取得する資格が全く異なりますので関係ない資格を取らないように注意しましょう。

極端な話しですが、介護業界に転職するのに、フォークリフトの資格を持っていてもほとんど意味がありません。

このように考えると、転職してから資格を取得するよりも転職する場合に資格を取っておいた方が安定した収入を得ることができます。

逆算すると、転職をしようと考えてから資格を取得することになるわけですが難しい資格の場合は3年から5年かかってしまいます。

もしそれだけの時間自分でモチベーションを維持することができればよいですが、そこまでのモチベーションの維持が難しければ1年程度で取得できる資格を狙ってみるべきです。

可能なかぎり、1年間に試験が3回から4回あるような資格を取得することができれば、転職をした時にちょうど転職資格を取得している段階になるでしょう。そのため、十分に時間に余裕を持つことが大事なります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク