AIに関する資格を取得したらどのような企業で働けるのでしょうか?

AI資格を取得するとAIエンジニアと言うことになります。

そして就職先として考えられるのは、IT企業が主になります。

通常のITエンジニアでは対応できないAIに特化した仕事を担当することが可能です。AIはITで行われる一般的なプログラムと異なり、納品後に拡張していくものです。

どのような学習方法が必要かを見極めてプログラムしなければいけません。

現在取得できるAI資格は、一般社団法人ディープラーニング協会が認定するE資格のエンジニア資格です。

その目的は、ディープラーニングの理論を理解して、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材と言うことになっています。

つまりAIにはいろいろな手法があり、適切なものを選択して実装するには技能が必要と言うことです。

近年はIoTによって、どのようなものでもIT技術が使われています。

全くIT技術に触れずに生活することは不可能と言っても過言でないぐらい困難です。

そのため、多くの企業でIT部門はあり、そのどこでもディープラーニングに関連する業務に関係する可能性があります。

Webの検索や自動車の自動運転、医療に関する自動診断など利用範囲はだんだんと広がっています。

ITに特化した企業でなくても興味を示していて、知識を持っている人が少ない中でE資格を保有していることは優位に働きます。

ITに関連する業務があれば、就職先として含まれると考えても問題ないでしょう。

AI技術は急速な成長を遂げていますが、まだまだ始まったばかりです。

適切な利用の方法を提示できることで多くの企業が興味を示すはずです。

今後は業務のサポートを行うようなAIが普及して、多くの企業で維持管理のためにAI資格保有者を必要とする日も遠くはありません。

AIによって職がなくなるのではなく、そのための新たな仕事が増えていきます。適切な運用には正しい知識と十分な技術が必要です。

今後ますます必要とされる資格の一つです。

AIに関する資格などはあるのでしょうか?

AIは人工知能のことで、ディープラーニングと言う考え方から飛躍的に発展を遂げています。

近話題になっているのは車の自動運転や囲碁での対戦に勝利したことなどがあります。

まだしばらくは完成しないだろうと思われてきたことが前倒しで成し遂げられています。

今後普及することで多くの職が失われると言われていますが、それは少し行き過ぎた考え方です。しばらくは人が管理して運用する時代が続くことになります。

そこで活躍するのがAIエンジニアです。

プログラムと言うとITエンジニアを思い浮かべますが、必要な技能に少し違いがあります。

AIエンジニアは、ディープラーニングについて詳しい知識を持って、適切な手法を使って実装する能力を持っている人です。

プログラムと異なり情報の追加により改善されていくことになるため、構築方法が適切でないと効率が悪く使えないものになってしまいます。

ディープラーニングについて基礎的な知識があり、適切な活用方針を決定して、事業応用する能力を持つ人のためのG検定と呼ばれるものもありますが、基本的には知識の有無を確認するためのもので、資格ではありません。

エンジニアとして認定されるのであればE資格の取得が必要です。一般社団法人の日本ディープラーニング協会が認定するE資格が、現在のところ有効な唯一の資格です。

E資格への受験資格は、日本ディープラーニング協会認定プログラムを修了している必要があります。

プログラム自体は民間企業が開催しているもので、ディープラーニングに関する知識が身につくような内容になっています。

中にはオンラインで受講できるようなものもあります。

それらのプログラムを受講したのちに試験を受けることになります。

試験自体は年に1回9月に行われるものしかありません。試験内容は、応用数学、機械学習、深層学習から出題されます。

理数系の知識を必要とするので数学が不得意な人には厳しい内容です。

AIに関する資格を取得できる講座や学校でおすすめはありますか?

AI資格講座やAI資格学校は、選び方がポイントです。

一般的なスクールとは選び方のポイントにも違いがあるので、しっかりと選びましょう。

AI資格講座やAI資格学校を選ぶときには、学ぶ目的を明確にしなければいけません。

目的に合わない知識を学んでも、目標の資格を取得することができません。

ですから必ず取りたい資格をまず始めに明確にして、目的に合うAI資格講座やAI資格学校を選ぶようにしましょう。

AI資格講座やAI資格学校には、教室に通うスクール型とオンライン型の2種類に分けられます。

スクール型は講師と対面する形式なので、わかりやすいのがメリットです。

同じ目的を持つ仲間とも出会えるので、情報交換をしたりしながら切磋琢磨できます。

一方スクール型のデメリットとしては、教室に通う必要があることです。

決められた時間に指定の場所に行って学ぶスタイルは、働きながら資格の取得を目指す社会人には負担が大きいでしょう。

受講料も比較的高額なので、お金をかけずに資格を取得したい人にも向いていません。

オンライン型のAI資格講座やAI資格学校は、自分の予定に合わせて学べるのがメリットです。

学ぶ場所も決められていないので、仕事が終わった後に自宅でゆっくり学習することができます。

またオンライン型はスクール型に比べると受講料も安いので、経済的な負担が少ないのもポイントです。

デメリットとしては、直接講師の指導を受けられないことです。

スクール型に比べると気軽に講師に質問できる環境ではないので、疑問を解決できないケースもあります。

また一人で学ぶ形式ですから、情報を入手しにくいのもデメリットでしょう。

AI資格講座やAI資格学校は、それぞれによって講師やカリキュラムの内容も異なります。

講師やカリキュラムの内容によって学べるレベルも変わってくるので、まずは目的に適したAI資格講座やAI資格学校を選び出して、それから学ぶ形式やその他の部分を比べると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク