IoTに関する資格などはあるのでしょうか?

IoTに関する資格は現行ではIoTシステム技術検定とIoT検定があります。

IoTシステム技術検定はモバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCが認定する資格で、同コンソーシアムの会員企業には大手通信キャリア、家電メーカーなどがあります。

同検定はIoTの企画、構築、活用、運用改善をより効果的、効率的に行いさらに高付加価値化の創造を生み出すために必要となる基礎知識を習得し、この分野における優れた技術者として活躍する人材の育成を目的としています。

基礎、中級、上級の3つのレベルがあり、知識とスキルが求められます。

基礎は大学、短大、専門学校生、新社会人の方を対象に基礎知識を保持していることを認定します。

中級ではシステム構築に取り組むための基本技術を認定し、上級では高度なシステム、業界固有または業界をまたがるサービスを構築する実践的な専門技術を認定します。

一方のIoT検定は業界団体、企業、有識者が参加するIoT検定制度委員会が認定する資格で、現在はスキルレベル1とスキルレベル2があり、今後スキルレベル3以降の制定が予定されています。

スキルレベル1では基礎知識を有し専門家の指導の下でプロジェクトに関わる業務を遂行することや、提案を作成し顧客企業や社内にプロジェクトの実施を推進することが求められます。

スキルレベル2では専門家として全体の基本設計や詳細設計を行い、ハードウェアにIoTの機能を導入して製品の試作開発できる技術が求められます。

同検定の試験はComputer Based Testing、通称CBTを導入しており、専用のウェブサイトから随時受験することが可能です。

これらの検定資格は、近年になって新たにスタートしたばかりで今後もテクノロジーの進化に合わせて改訂が繰返されることが予想される過渡期にあるものの、現場で即戦力となる実践的な内容が多く盛り込まれているのに加えて、会員企業や協賛、後援企業に有名企業が名を連ねていることから、関連業界への就職には圧倒的に有利になるのも大きなメリットです。

IoTに関する資格を取得したらどのような企業で働けるのでしょうか?

国家資格とは専門性の高い業務を高い精度で遂行するために、法律に基づいて指定されている業務の知識をしっかりと把握しているかを証明するための資格のことです。

そんな国家資格は多種多様ありますが、その中で近年受講者数が増えているのがIoT資格といいます。

IoT資格とはどんな資格なのかというと、インターネットに接続する機器が安全に使えるようにセキュリティーの構築や動作不良を起こさないようにプログラムを作成する人材を育成するための資格です。

2000年代後半から急激に増えたのがインターネットに接続して使う機器であり、携帯電話だけでなく監視カメラやロボット掃除機なども接続して遠隔操作ができるようになっています。

ネットとの連動によって便利にはなりましたが、その反面増えているのがネット通信を悪用するハッキング被害の増加です。

パソコンやスマホにおいてはセキュリティーソフトがあるのでハッキング被害をほぼ押さえ込んでくれますが、ネットと連動したプリンターやロボット掃除機そして監視カメラは無防備になっています。

そこでハッキングをする人間は直接パソコンやスマホを狙わず、こういったネットと連動した機器を仲介して情報を盗み取るのが増えたです。

それでは安全に機器が使えなくなるので、そこで必要になってくるのがIoT資格というものになります。

IoT資格は物のインターネットを安全に利用するために、ネットと連動した機器のセキュリティ基盤や不可解な情報を遮断するプログラムを作成するのです。

IoT資格の有している人が、その専門知識を活用して安全に使うための技術を構築することで安心して使えるようになっています。

そんなIoT資格ですが、資格を有したいと思っている人が第一に考えるのがIoTに関する資格を取得したらどのような企業で働けるのかということです。

IoTに関する資格を取得したら、基本的に物のインターネットを販売しているパナソニックやシャープのような電化製品の企業が優先してほしい人材になります。

それ以外ではハッキング被害は年々巧妙化しているので、それを防ぐために警察や銀行などでも優先的に取り入れられているのです。

IoTに関する資格を取得できる講座や学校でおすすめはありますか?

Winスクールのホームページからは、話題のIoTにまつわる情報を掲載しています。

こちらAI・IoTで最新のスキルや実践力が身に付く講座です。実際に扱っているのは、AI・PythonやIoTシステム・Nodejs・Python、スマートフォンアプリ開発などがあります。

そんなIoT資格学校でIoTシステムが学べる講座は全5コースです。このうちからお薦めなのがPythonプログラミングやIoTシステム開発実習、Nodejsの3つです。

IoT資格講座で初心者向けのPythonプログラミングの内容は、数値と演算を始めに文字列・データ構造・条件分岐・モジュールやパッケージ・日付処理など全16の知識が学べるようになっています。こちらの気になる価格はトータルで154,000円です。学習の時間は150分×14回(35時間)、受講期限は4ヶ月となっています。

IoTシステム開発実習の内容は、条件分岐・メールやLINEへの通知・LEDや液晶画面、音声の出力・クラウドサーバーなど全12の学習です。受講料はトータルで144,000円となっています。学習の時間は150分×12回(30時間)で受講期限は3ヶ月です。

Nodejsの内容は、Nodejs概要を始めにJavascriptの入門や非同期処理・Expressフレームワーク・APIサーバーや掲示板システムの作成など全9の知識が身に付けられます。受講料は128,000円、学習時間は150分×10回(25時間]、受講期限は3ヶ月、こちらも初心者向けにお薦めのコースです。

上記でご紹介する講座は、全て入学金18,000円、教材費4,000円です。Winスクールのホームページからは、資料請求や無料体験、見積もりや申込み相談などを利用することが出来ます。ライフスタイルや目的に沿って選べる3つの受講スタイルとなっていますので、ご興味をお持ちの方は参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク